ベッドでできる!朝起きてすぐストレッチで痩せ効果UP

ベッドでできる!朝起きてすぐストレッチで痩せ効果UP

朝起きたら、そのままベッドでストレッチをしてみましょう。朝一のストレッチには、身体を痩せやすくしてくれる嬉しい効果があるんです!

朝起きてすぐストレッチ、なぜ痩せる?

起きてすぐストレッチで痩せる
何かと忙しい朝の時間、ストレッチなんて余裕はない!と思ってしまうのも無理はありません。しかし、朝一でストレッチを行うことで痩せやすくなる…となれば、試してみない手はありませんね。

ストレッチを行うと筋肉の血行が良くなり、身体がポカポカして代謝がUPします。これを朝一で行うことで、一日を通してカロリーを消費しやすい状態になるんです。
ダイエット中の人には、ぜひとも起きてすぐのストレッチを習慣にしていただきたいところですね。

朝起きてすぐのストレッチのやり方

毎日基礎体温を測る習慣がある人は、必ず体温を測ってからストレッチを始めるようにしましょう。
これを忘れてストレッチを始めてしまうと、気づいた時にはポカポカ汗ばんだ状態になってしまっているかもしれません。

●伸び
1.仰向けの状態のまま、肩幅くらいに足を広げる
2.手足を目いっぱい伸ばし、のびを行う
3.最大限のところまで手足を伸ばしたら、息を止める
4.限界がきたら、息を吐きつつ手足を緩める
5.1~4のプロセスを3~4回繰り返す

●腰回り
1.仰向けの体勢で両足の膝を立てる
2.両膝をつけたまま、左右に倒していく
3.左右交互に10回ずつ倒す

●太もも裏
1.仰向けの姿勢で、片足の膝を胸に抱え込むようにする
2.伸ばしている足は曲げず、抱えた足の太ももの裏が伸びているのを感じながらやるのがポイント
3.左右同様に、5回ずつ行う

●ゆる腹筋
1.仰向けの状態で、頭の後ろに両手を添える
2.息をゆっくり吐きながら、おへそを見るように上体をわずかに浮かせる
3.息を吐きながら、ゆっくり元の姿勢に戻る
4.1~3のプロセスを5回繰り返す

これらのストレッチを、以下のコツを守って行ってみましょう。
●毎日行う:緩いストレッチだからこそ、毎日の継続が大切
●ゆっくり行う:反動をつけると、効果も半減しちゃいますよ

とても簡単なストレッチですが、実際にやってみると身体がポカポカしてくるのを感じられると思います。少し早起きして、ぜひ試してみてくださいね。

関連記事