ブーツを脱いだらクサイ! 足の臭いの原因と対処法

ブーツを脱いだらクサイ! 足の臭いの原因と対処法

足が臭くて人前でブーツを脱ぐのが恥ずかしい…なんて方はいませんか? 気になる足の臭いの原因を探り出し、それに合った対処をしていきましょう!

コップ1杯?! 足の裏は汗を沢山かいていた!

一日中靴を履いていると、両足でコップ1杯ほどの汗をかいていると言われています。

その量、なんと脇の下以上!!それなのに靴を履いていたら蒸れて臭いを放つのも普通のこと。

臭いの原因が「通常の汗」なのならば、通気性のよい靴と速乾性の靴下を履く事で、改善がみられることでしょう。

それでも気になるのであれば、足を除菌ティッシュで拭いたり、靴下を履き替えるようにすれば、臭いをほぼ抑えることができます。

しかし掌蹠(しょうせき)多汗症のように、人並み以上に足の裏に汗をかく場合は、治療が必要です。

靴はローテーションして履く

一日中履きっぱなしの靴は、かなりの湿気と熱気をおびて、靴全体にしみ込んだ状態になっています。

この湿気や熱気を完全に抜くには24時間以上乾燥させる必要があります。夜まで履いて、また翌朝履くのはNGです。1日おきに履くなど、靴をローテーションさせましょう。

また、脱いだあとは、新聞紙や消臭乾燥させるグッズを使い、靴をしっかりと休ませてあげる事が大切です。
気になる足の臭い…

高温多湿の靴の中で、雑菌が大繁殖

足の裏には常在菌が沢山います。その菌の数が正常であれば、足裏を健康に保ってくれますが、高温多湿状態である靴の中では、菌が急激に繁殖してしまうことがあります。

さらに、足裏に溜まった角質や老廃物は、菌たちの絶好の餌に。足を洗って清潔に保つことに加え、角質ケアを定期的に行うことも、菌の繁殖を防ぐのには必要です(やり過ぎは皮膚を痛めるので注意)。

菌の繁殖によって起こるものとして有名なのが、「水虫」です。水虫以外にも似た症状のものがあるので、何か症状が出た場合は早めに皮膚科に行くようにしましょう。

体臭や加齢臭も原因の1つ

年齢とともに濃くなる体臭が、加齢臭。足裏の臭いは、食生活の乱れ、ストレス、体調不良などに影響を受けます。脂質の多い食事を摂っていると、臭いがきつくなるでしょう。

また、加齢臭は体の代謝を上げる事で、ある程度防ぐことができるようです。日々、適度な運動をして汗をかくようにしたり、水分を意識的に多めに摂るようにするなど、体の巡りをよくするようにしましょう。

臭いの原因は人それぞれです。まずは、自分の臭いの原因をはっきりさせる事が大切です。原因を知った上で、それにあった対策で足の臭いに打ち勝ちましょう!!
関連キーワード

関連記事