皮膚から吸収する経皮吸収についてご存知ですか?

皮膚から吸収する経皮吸収についてご存知ですか?

私たちの身体は、食べ物や飲み物以外からも様々な物質を皮膚からも吸収しているんです。女性にとって知っておきたい「経皮吸収」について紹介します。

皮膚から吸収する経皮吸収って何?

身体が何かを吸収するのは、胃袋だけではありません。実は皮膚からも、色々な物質が毎日吸収されています。皮膚から吸収され、体内に浸透することを経皮吸収と言います。

これを利用して、喘息の発作が起きた時に皮膚に貼るパッチや禁煙のためのニコチンパッチなどがあります。しかし、有害な成分が皮膚に浸透し、身体に吸収されることで影響を及ぼすこともあるんです。

私たちの日常生活では沢山の化学物質を含む製品が存在しています。すべてを排除することは、難しいですがきちんと知ることが大切だと思います。

粘膜、頭皮、皮膚? 経皮吸収はどこからするの?

経皮吸収率が高い部分は、腕の皮膚と比べて頭皮は3.5倍、口の中の粘膜は10〜20倍、女性のデリケートゾーンは42倍も高いと言われています。
これらのことから、頭皮に直接触れるシャンプーをはじめとするヘアケア製品、口内の粘膜に触れる歯磨き粉、女性のデリケートゾーンに触れる生理用ナプキンなどには気をつけなければいけないことが分かります。

経皮呼吸のために皮膚に触れても安心して使える物をきちんと知ろう!

私たちの身の回りには化学物質を含む製品が数多く存在しています。
それらが、有害で様々なかたちで健康を害する可能性があると言われています。ただ、それらは私たちの生活を便利で快適にすることも事実で、完全に排除することは容易ではありません。
きちんと事実やリスクを知った上で選ぶことが大切です。

【経皮毒性成分について】
洗浄効果を高め、発泡剤、界面活性剤として使用される「ラウリル硫酸ナトリウム」や「ラウリルエーテル硫酸塩」、「アルキルエーテル硫酸ナトリウム」、酸化防止剤の「ジブチルヒドロキシトルエン」、殺菌防腐剤や保存料として使用される「パラベン」、殺菌防腐剤として使用される「ソルビン酸」、殺菌防腐剤として使用される「安息香酸塩」、発色剤として使用される「タール色素」などがあります。

これらは、アレルギー性皮膚炎や過敏症や発疹、発がん物質の原因になると言われています。
また、生理用ナプキンのなかは吸水性に働く化学物質や石油由来の成分が含まれているものもあり、その成分が経皮吸収され子宮に溜まると言われています。それが、生理痛を起こしたり、子宮内膜症などの病気の原因や不妊につながる可能性があると言われているのも事実です。

私たちの周りは便利なもので溢れていて、物を選ぶ選択肢が沢山あります。
急に色々なものを変えることは難しいですが、きちんとした知識や情報を持って無理のない範囲で使うものを選んでみませんか?
楽しく選んで心身ともに健康に過ごしましょう!
関連キーワード

関連記事