ダイエットは痩せることではなく食生活を見直すこと

ダイエットは痩せることではなく食生活を見直すこと

いつもダイエットが続かない、挫折してしまう、といった経験はありませんか? 今度こそ最後のダイエットにするための秘訣、いくつかご紹介しますね。

ダイエットは量を変えるのではなく、食生活で質を変える

あなたがダイエットに失敗した理由はなんですか?私の場合、「続かないから」でした。ダイエットは痩せることが目的なのではなく、食生活を見直し、痩せた体を維持することです。痩せたからといって元の食生活に戻っては、リバウンドするのも当然です。

私も今までいろんなダイエットを繰り返し、失敗しては「私は根性無しだ、いつもやると決めたのに続かず挫折してしまう」と自己嫌悪に陥りました。そして、今まで人生で二度もプラスマイナス10kgの増減をしたのです。

二度目のダイエットをしたときに、私はある大切なことに気がつきました。それは、食べることを我慢するとか、お菓子を我慢するとか、激しいトレーニングをするとか、「続かないことはしない!」ということです。ダイエットは我慢するものではなく、食生活を見直すこと。ただ痩せる食べ物の選択をしていけばいいだけなんです。我慢ではなく、他のものにシフト。量を変えるのではなく、質を変える。こうした食事の選択をしていけば、ストレスなく私でも継続することができる!ということに気がつきました。

心の浮き沈みをつくらず、淡々と行動することがダイエット成功の秘訣

「悩む」のと「考える」のは違いますし、「反省」と「後悔」も似ているようで若干異なります。ダイエットを成功させるには、前向きで、冷静で、強い意志が大切。焦らず「淡々と行動する」ことが成功の秘訣であり、感情の浮き沈みは必要ありません。悩んだり落ち込んだりしていても、体重は1kgたりとも減りません。落ち込んでいる時間があったら、少しでも運動したり、食事を整えたりと「行動」するしかないのです。体や行動が変わってくると、色んな気づきや発見があり、心も変わっていくのを実感するでしょう。

<ダイエットを成功するための心得>
・ 強い意志を持つ
・ 素直に行動する
・ 悩むのではなく、考える
・ 自分を客観的に見る
・ リバウンドしないように無理はしない
・ 反省はしても後悔はしない

「もったいない」食べをしないことがダイエット成功の秘訣

外食でつい食べ過ぎてしまった。ビュッフェで必要以上にとって食べて、お腹が苦しくなった。会社で誰も手をつけないお菓子の賞味期限が近づいてきたから食べた。残したらもったいないから全部食べた。こんな経験はありませんか?

「お金がもったいないから」「残したらもったいないから」と日本人は食べ物を残すという行為に抵抗がある人が多いと思いますし、子供の頃から「残さず全部食べなさい!」と言われた経験から、食べ物は残さず全部食べなきゃという意識が働くのではないでしょうか。しかし、「もったいない」意識はダイエット中には捨てましょう。ときには勇気を持って「残す勇気」も必要です。

食べてストレス解消をする人はダイエットで成功しない?

人間関係で気になることがある、将来が不安、仕事や勉強で忙しい、何か嫌なことがあった、など、何かストレスがあると、それを食べることで発散させたことはありませんか?ストレスでドカ食いしたり、間食の習慣がやめられない人は、改善が必要です。ストレス発散を食べ物に向かわせないためには、記録をして食べている意識を持つ。お菓子やカップ麺は買わない、置かない。「これくらいいいや」と思わない。本当にお腹が空いているのかどうか自問する。何か口にしたくなったら、まずはフレーバーティーなどを飲んで落ち着かせる。

食欲というのは、他の欲求より満たすのが簡単です。しかし、本当に欲しいのは「食べ物」ではなく「癒し」ではありませんか?それを食べ物で補おうとしても満たされないから食べ過ぎてしまうのです。食べること以外でストレス発散法をいくつか見つけましょう。
関連キーワード

関連記事