ブラジリアンワックス派?光・レーザー派?ムダ毛処理・徹底比較

ブラジリアンワックス派?光・レーザー派?ムダ毛処理・徹底比較

まだ冬だと思いきや、春夏の薄着や水着で気になるムダ毛の処理は、既に始めていないと遅かったり。そこで今から間に合う脱毛法に迫りました!

即効性のブラジリアンワックスv.s 永久脱毛のレーザー&光脱毛

冬にうっかり気を抜きがちな脱毛処理。ですが、薄着や水着の季節を考えると、冬の今こそ脱毛を始める季節です。
「最近話題のブラジリアンワックスって?」「ハイジニーナって何?」 という脱毛の種類や方法の違いについてご紹介します。

VIO脱毛?ハイジニーナ脱毛って?

VIO脱毛とは、デリケートゾーンのVライン・Iライン・Oラインの三つの範囲を脱毛すること。ハイジニーナは、「衛生」を意味する英語「hygiene」が語源で、特に夏場や生理中のムレやかぶれによって不衛生になりがちなデリケートゾーンの衛生ケア的な意味も含め、VIO脱毛は「ハイジニーナ脱毛」とも呼ばれます。

<VIOの各部位について>
・Vライン:「ビキニライン」の意味。正面から見た際に下着で隠れるトライアングルゾーン。
・Iライン:下着で隠れる陰部周りの両サイド。(粘膜部分は含まず)
・Oライン:いわゆる肛門周り。(粘膜部分は含まず)

ブラジリアンワックス?レーザー脱毛?光脱毛ってどう違うの?

・ブラジリアンワックス:
永久脱毛ではなく、施術後4〜5週間位で毛が生えてくるのが特徴の、ワックスを使ったVIO除毛のこと(名前は、Tバック発祥の地がブラジルとの説から)。毛をワックスで一気にはがす。永久性はない一方、即効性があるので、来週までにVIO部分を除毛したいという場合は、光脱毛やレーザー脱毛よりも効果的。除毛回数を重ねることで、毛が柔らかく細くなり、毛量が減る傾向がある。
なお、ブラジリアンワックス施術後は毛根細胞がなくなっているためにレーザー脱毛や光脱毛がしばらく出来なくなる。1回の施術は約7,000~8,000円で1ヶ月位は状態維持できる。

・レーザー脱毛:
医療用レーザーを用いた脱毛方法で、法律上、クリニックなどの医療機関でしか取扱いができない。エステサロンの光脱毛よりも出力が高いため痛みを感じることもあるが、事前に麻酔クリームを塗ることで、痛みも軽減される。
毛周期に合わせて、黒の毛根に反応するレーザーを照射し、2〜3ケ月に1回、トータル1〜2年間の間に約5~6回通院し、10万円前後で終了。VIO部分の色素沈着で黒ずみが激しい場合や、色黒の場合は、光脱毛よりレーザー脱毛の方がよい。ブラジリアンワックスや毛抜きで毛根細胞を抜いている場合は、1ヶ月程度あけてから始める必要がある。

・光脱毛(フラッシュ脱毛):
光のエネルギーで毛根のメラニンを刺激し脱毛を促すもので、エステサロンで使われている。医療用レーザーよりも出力が弱いため、痛みが少なく、肌への影響が穏やか。
毛が生えてくる成長期に行うため、2〜3ケ月に1回、トータル1〜2年間の間に約7~8回通院し、6万円前後で終了。

レーザー脱毛と光脱毛は永久脱毛のため、デリケートゾーンの処理方針を決めきれていない場合は、デリケートゾーン専用のトリマーでお手入れをしてから、脱毛・除毛のイメージを固め足り、試しにブラジリアンワックスでデザインをしてみるのもよいでしょう。
一方で、完全に脱毛する部分を決めている場合は、レーザーや光で永久脱毛をし、その他の部分をブラジリアンワックスでデザインするというのも手です。

用途に合わせて検討してみてください。

関連記事