「クビ」の冷えとりがアンチエイジングにつながるわけ

「クビ」の冷えとりがアンチエイジングにつながるわけ

花冷えの季節、厚着をするのは難しいけれど、体の冷えはどうにかしたい。そんなお悩み解決方法を今回はご紹介します。

「クビ」の保温が、冷え性解消とアンチエイジングの一石二鳥に

ちまたには沢山の冷えとりグッズもあふれて、万年冷え性、万年温活状態の方も多いのではないでしょうか。厳しい冬が過ぎても冷え性が治らない。そんな春や夏の冷えとりには、実は「クビ」のつく部分の保温が効果的なのです。

というのも、「首」「手首」「足首」といった「クビ」のつく部位は、冷えの通り道でもある一方、温めると体全身が温かく感じる部位でもあります。なぜ「クビ」がポイントになるのか、詳しくみていきましょう。

●冷えを感じる原因
人間の体は、臓器が集まる中心部を約37度前後で保とうとしています。特に皮膚が冷えを感じた際には、体温調整の為に末端の血管を収縮させ、中央に血液を集めようとします。その為、手先や足先といった末端部分の温度が下がりやすくなり、冷えを感じます。

●「クビ」を温めるとよいわけ
「首」「手首」「足首」といった「クビ」のつく部位は、皮膚が薄く、冷えの通り道であり、意外とケアされていない部分でもあります。だからこそ、この部分を動かしたり、温めたりすることで、血管が収縮せず、体全体が温かく感じるのです。熱は筋肉から生まれることから、衣類での保温だけでなく「動かす」ことが一番大事です。
また年齢が出やすいこれらの部位は「冷えの通り道」であることから、常時乾燥にさらされている箇所でもあるため、「クビ」のつく部位の保温は、アンチエイジングにも効果的です。

●「首」
東洋医学では「風邪の邪気は風門から」という言葉があります。風門は首の下、背中の上部のこと。ここが冷えると、血流が悪くなり、風邪を引きやすくなったり、肩凝りや頭痛を引き起こすようになったり。また女性ホルモンのバランスが崩れたり、自律神経失調症の原因になることも。
特に首は、体と脳を結ぶすべての神経通る箇所。だからこそ、「首を温める」ことはとても大事です。外出時にネックウォーマーやスカーフ、ストールなどをまくことは勿論のこと、就寝前の「首蒸し」はスムーズな寝付きを促してくれます。電子レンジで温めたホットタオルを5〜10分ほど首の後ろにあてて、綺麗に拭き取った後、ボディクリームでマッサージすると血流が促されます。

●「手首」
冷えとりの一説では、手首は火照り防止のために温めない方が良いとの説もありますが、整体の分野では、手首と子宮はつながっていることから、冷やさない方が良いとも言われています。そこで、手をグーの形にして、ぐるぐると回すことで、筋肉を動かすことでの保温を取り入れるとよいでしょう。ハンドウォーマーを使って保温調整をするのもオススメです。

●「足首」
足首は冷たい地面に近いため、冷えを取り込みがちな部分です。また整体の分野では、足首は卵巣とつながっているとも言われています。冷えとり靴下を利用するのは勿論のこと、寝る前に足指に手指を絡ませ、足首をぐるぐる回すことも効果的です。

温かい季節になっても、花冷えや冷房などで、寒さを感じることの多い日々が続きます。冷えを感じやすい人は、「3つのクビ」を中心に冷えの通り道をシャットアウトしてみてください。

関連記事