紫外線のダメージを一番受けやすい“唇”!しっかりとUVケアを

紫外線のダメージを一番受けやすい“唇”!しっかりとUVケアを

忘れがちな唇の日焼け対策。唇を覆う皮膚はかなり薄く、顔や体よりもダメージを受けやすいので、しっかりと対策をしてあげましょう!

絶対に唇の日焼けをしたくない人の紫外線対策

顔や手足にはこまめに日焼け止めを塗っている方はよく目にしますが、唇の紫外線対策を行っている人はあまりいないのではないでしょうか。唇は顔の中で最も薄いと言われる皮膚にあたり、保湿機能を果たしてくれる皮脂腺が無いので常に無防備な状態にさらされているんです。
紫外線をこのまま直接浴び続けるとアレルギー反応が起こって色素沈着の原因や黒ずんでみえたりしてしまうこともあるのです。そうなる前に、唇にこそ集中的に紫外線対策を行う必要があります!

◇UV機能配合のリップクリーム
最近ではUVカット機能が備わった高い保湿効果のあるリップクリームが多く発売されていて、とてもオススメです!中でも、ニベアから出ているUVカット機配合のモイスチャーリップクリームはSPF20、PA++ という優れもので、保湿機能も抜群。紫外線から唇を守ってくれるほか、唇に優しい保湿成分のアミノ酸系保水成分、植物性コラーゲンC、ヒアルロン酸を配合。

◇ワセリンパック
おやすみ前にはワセリンで唇をパックしてあげるのもオススメです。いまや一家にひとつはあるだろうワセリンを使って唇をケアしてあげましょう。用意するものはワセリン、蒸しタオルとラップのみ。やり方は蒸しタオルを唇にあてて2〜3分待ちます。唇がやわらかくなってきたらワセリンをたっぷりと塗り、すこし唇に馴染ませるよう指でくるくるしていきます。そのあとは唇をサランラップで覆い、さらにその上から蒸しタオルをあてて終わりです。唇の代謝を上げて、血行を良くしてくれるので、優しい印象の唇になること間違いなし!

うっかり唇を日焼けしてしまった後の対策

気をつけてはいたものの、夏場などは外でのイベントが増えるためうっかりしてしまいがち…。
そんなときは氷水が入った袋や氷水で冷やしたタオルで唇を冷やしてあげましょう。すぐに冷やしてあげることで炎症も軽く済む場合もあります。
冷やしたあとはUVカット配合のリップクリームで保湿してあげると、魅力的な唇美人に!

関連記事