老化の原因「活性酸素」を減らす食材とは

老化の原因「活性酸素」を減らす食材とは

老化の最大の原因と言われている活性酸素を完全に避けることはできませんが、対策を考えることで老化のスピードをゆるめることはできます。

老化や病気の原因となる活性酸素から体を守る

体の細胞を傷つけ体をサビつかせる活性酸素。
体がサビる要因は、紫外線、ストレス、タバコ、睡眠不足、電磁波、食品添加物、農薬などたくさんあります。

この活性酸素が老化や病気の原因になると言われていますが、ほとんどが日常生活の中で避けて通れないもの。
UVカットで紫外線対策を徹底したり、ストレスは溜め込まないように発散方法を見つけたり、質の良い睡眠を意識したり、できるだけ対策を考えることが大切です。

また、体内ではつくることのできない抗酸化物質を含む野菜やフルーツ、抗酸化作用を持つサプリメント、または主にビタミンC、ビタミンE、カテキン、ポリフェノールやフラボノイドなどを含む食品などを積極的に摂ることで、活性酸素の過剰な生成を抑えることができると言われています。

活性酸素に対抗できる食材はこれ!

活性酸素を減らすと言われている食材には、以下のようなものがあります。

【ビタミンC】
ケール、黄ピーマン、キャベツ、ほうれん草、レモン、アセロラ

【ビタミンE】
アーモンド、ヘーゼルナッツ、かぼちゃ、アボカド、まぐろ、いくら、植物油、うなぎ

【ポリフェノール】
チョコレート、カカオ、ブルーベリー、紫キャベツ、すいか、ぶどう、なす、さつまいも

【アスタキサンチン】
オキアミ、サケ、アマエビ、サクラエビ、ロブスター、イセエビ、いくら

【リコピン】
トマト、すいか、なす、ピーマン、サクランボ、プラム

【カテキン】
緑茶、赤ワイン、いちご、煎茶、ほうじ茶

【ケルセチン】
玉ねぎ、りんご、ブロッコリー、ほうれん草

老化のスピードをゆるやかにするために、食生活から意識してみてはいかがでしょうか。
関連キーワード

関連記事