一生に一度は泊まりたい。美が目覚める「星のや京都」を訪ねて。

一生に一度は泊まりたい。美が目覚める「星のや京都」を訪ねて。

千年の歴史をもつ奥深い都・京都。にぎやかな街を散策するのも楽しいけれど、今日は現代を抜け出して。かつて貴族が清遊した特別な世界へと導かれる極上の宿へ。眠っていた“美のスイッチ”がONになる、ロマンチックな時間をご一緒に。
五感を磨く水辺の旅「星のや京都」

平安貴族が愛したうるわしの水都へ

京の都が、かがやく新緑で包まれる季節。多くの人で賑わう嵐山・渡月橋のたもとから、モダンな専用船に乗り込みます。大堰川を遡るにつれて喧騒が遠ざかり、桜と紅葉の新緑がきらめく山々から鳥の声が降ってきます。
「星のや京都」へむかうモダンな船
「現代を休む日」をコンセプトに、2009年に誕生した和のリゾート「星のや京都」。京の豪商・角倉了以の別邸があったと伝わるロケーションに建つ100年以上を経た旅館をリノベーションした建築をはじめ、京ならではの文化や空気を徹底してとりこむ世界観で、本物を知る国内外の大人たちを魅了し続けています。

専用船に揺られること15分。緑の中に凛と佇む日本建築が見えてきました。さあ、世界にたったひとつの特別な休日、“水辺の私邸”滞在のはじまりです。

長い歳月に育まれた京の粋美に酔いしれる

チェックインは客室でゆったりと。光がふりそそぐ大窓の向こうには、見事な桜の大木と新緑のまぶしい小倉山。嵐峡のダイナミックな景色が広がっていました。
伝統美を感じさせる「星のや京都」の客室
意匠の異なる25室はすべてがリバービュー。前身である旅館の一部を甦らせた古木の欄干、繊細な陰影を投げかける伝統の照明。長い歳月を感じさせる和のインテリアにホッと心がくつろぎます。

なかでも優美だったのは「京唐紙」の壁紙。光の加減によって一面が輝いたり、立体的な文様がフワリと浮かび上がったり。初めて触れる京の美に、思わず息をのみました。

2つの庭園を散策。水音に包まれてアロマ体験

木漏れ日が光る二つの庭園も「星のや京都」の見どころの一つ。白石と燻し瓦で作られた「奥の庭」は、砂紋の上でお抹茶も楽しめる斬新な石庭です。

そして、もう一つは私邸の中心部で澄み切った水をたたえる「水の庭」。その涼しげな水音が響く「和室パブリック」で、室町時代から続く雅な遊び「聞香」を体験してみました。
「星のや京都」の庭園と聞き香体験
本格的な道具で香炉を作って、精神統一。ゆっくりと五感を研ぎ澄ませて。最高級の香木・伽羅を“聞いて”みると…懐かしくて身も心もとろけそうな良い香り!

かつては出陣前の武将たちも緊張をほぐしたという古のアロマテラピー。その究極のリラクゼーションは、儚くて、優しくて。慌ただしい日常で忘れていた乙女心がよみがえるようでした。

五感をゆさぶる極上の京都を味わう

食の都でもある京都。夕食に訪れたダイニングでは、ミシュランの星を獲得した料理長が腕をふるう会席料理が待っていました。

春はほろりと苦い山菜、夏は祇園祭を思わせる鱧やちまきを使うなど、旬の素材で彩りも鮮やかな京を表現。なかには、フレンチと見まごうような一皿も。伝統とモダン、和と海外が絶妙にとけあう料理もまた、五感をゆさぶる芸術品です。
「星のや京都」で味わう京の味覚
大人ですもの、宵にも一杯。と「Salon&Bar 蔵」に立ち寄ると、期間限定で開催している芸舞妓さんの舞の披露に立ち会えました。

かつて遠くに眺めるだけだった舞妓さんが目前で微笑んで「おおきに」。そうと囁く姿は、たおやかで神秘的。胸の中の“いい女像”のイメージを新たにしながら、また一献。贅沢な出会いに喜ぶ夜がしんしんとふけていきます。

翌朝はディープな京文化・座禅&読経を体験! 
滞在するだけで“美のスイッチ”が入る「星のや京都」の旅、まだまだ続きます。
「星のや京都」情報
星のや京都
星野リゾートが運営する日本発のラグジュアリーホテル「星のや」ブランドの一つ。2009年嵐山にオープンし、2016年春にはラウンジや庭園、ダイニングスペースをリニューアル。圧倒的な非日常、その土地ならではの文化をとりいれた世界観、極上のおもてなしが国内外から高い評価を受ける。

■星のや京都 公式サイト
http://hoshinoyakyoto.jp/
星のや総合予約 (9~20時)
TEL:0570-073-066

関連記事