速報!日焼けしやすい人としにくい人には違いがあった!

速報!日焼けしやすい人としにくい人には違いがあった!

どうしてあの子はオールシーズン肌が白いんだろう…。そんな疑問を解決!日焼けしやすい人としにくい人を調査しました。

日焼けしにくい人との違いとは?日焼けしやすい人の特徴

まず、日焼けの原因になる紫外線には2種類あります。
1つ目がUV-Aと呼ばれる生活紫外線です。生活紫外線は普段買い物へ行ったり、洗濯物を干したりといった日常の生活で、知らず知らずのうちに浴びてしまった長波の長い紫外線です。その結果、炎症を起こさない程度の軽い日焼けを起こしますが、すぐに元に戻ります。ですが、将来シワやたるみの原因になる場合もあるので油断は禁物。
2つ目はUV-Bと呼ばれるレジャー紫外線です。春の始まりや夏の時期に多く、表皮に作用して肌が黒くなったり、ひどい乾燥や肌あれを引き起こします。その後も皮膚を赤くさせるサンバーンが起こり、人によってはシミや皮膚ガンになる場合があります。

といった2種類の紫外線があり、日本人の多くは紫外線吸収剤の役割を果たすメラニン量が少なく、日焼けしやすい人は肌がすぐに黒くなるのが特徴と言えるでしょう。このタイプの人は紫外線を浴びた時に皮膚の奥まで届かないよう、メラニン色素が体内で作り出されます。このメラニン色素が増えることにより、肌が黒くなってしまうのです。

オールシーズン色白の日焼けしにくい人の特徴

日焼けしにくい人は紫外線に当たると肌が赤くなり、その後黒くならないのが特徴です。一見羨ましいことのようですが、紫外線から肌を守るメラニン色素が作り出されていないので、しっかりとUVケアをしないと将来シミ、たるみ、しわなどの肌の老化を促進することになってしまいます。

日焼けをしたくない場合は十分なUVケアをしてあげるとともに、内側からもオメガ3脂肪酸やビタミンを積極的に摂取してあげる必要があります。

今年の夏は触りたくなる色白肌を目指しましょう!

関連記事