忘れてない?○○の保湿で夏ファッションに備えよう

忘れてない?○○の保湿で夏ファッションに備えよう

スキンケアやボディケアに気合が入るこの時期、うっかり忘れがちなのが「ある部分」の保湿ケア。夏服をキレイに着こなすために、今すぐ始めましょう!

保湿しないと夏を迎えられないパーツ、それは…

ワキの下、保湿していますか?
皆さんは「ワキの下」の保湿、ちゃんとできていますか?ボディケアのとき、うっかり忘れてしまっていませんか…?
ワキの下は、皮膚が薄くてとてもデリケートな部分です。保湿ケアを怠ることですぐに黒ずんでしまうんです。脱毛がしっかりできていても、黒ずんだワキは人に見られたくありませんね。

お肌のターンオーバー周期は、およそ2~3ヶ月。つまり、ワキの黒ずみが完全になくなるにはそのくらいの時間がかかってしまうということです。
堂々と夏服を着るためにも、今からワキの保湿をしっかり行っておきましょう!

ワキの保湿コスメを選ぶポイント

ワキの下の保湿といっても、何も難しいことはありません。
●お風呂上がり等に化粧水をつける
●美容液やクリームをつける
といった、基本的な保湿を行うだけで大分効果を実感できるかと思います。

ただ常に念頭に置いていただきたいのが、ワキの皮膚のデリケートさ。保湿コスメを選ぶ際は、
●刺激の少ない商品を選ぶ
●黒ずみ解消のため、ビタミンCが配合されているものを選ぶ
ということも心がけられればパーフェクトです!

保湿対策+αで気を付けるポイント

ワキの保湿をしっかり行っていても、ワキの下に刺激を与えてしまうような生活をしていては効果も半減してしまいます。
そのほか、このようなポイントにも気を配って生活してみましょう。

●ワキとの摩擦が多い下着や服は避ける
●制汗剤は自分の肌に合った、刺激の少ないものを選ぶ
●カミソリを使う際は、ジェル等でできるだけ刺激を減らす
●ビタミンC・Eを積極的に摂取する

ビタミンCには、黒ずみの原因となるメラニン色素の生成を抑制する働きがあり、ビタミンEはお肌のターンオーバーを促進してくれるお肌に嬉しいパワーを秘めた栄養素です。
ワキのケアのためだけではなく、美容のためにも積極的に摂取するのがおすすめです。

関連記事