実は肌の内側は乾燥してカサカサ!夏こそしっかりスキンケア

実は肌の内側は乾燥してカサカサ!夏こそしっかりスキンケア

乾燥肌は冬だけと思っていませんか?実は夏もお肌は乾燥しやすいのです。スキンケアをして乾燥に負けないしっとりお肌を手に入れましょう!

夏もお肌が乾燥するのはなぜ?

乾燥と聞くと冷たい風の吹く冬を思い浮かべますよね?
夏場は冬と比べて汗や皮脂の分泌が活発で、気温と湿度の上昇とともに、汗や皮脂の分泌が増加するため、なんとなく潤っているように感じると思います。
ただ、表面はテカテカと油っぽくなっていても内側がカラカラに乾燥してしっているのが夏の乾燥肌の特徴です。
夏にお肌の乾燥が起こる原因についてご説明いたします。

・エアコンの使用
エアコンの使用による室内の空気の乾燥は、お肌の乾燥の大きな原因としてあげられます。エアコンの吹き出し口から出る風にあたると、その刺激で皮膚の水分が失われます。扇風機の風もエアコン同様、皮膚の水分が失われる原因になります。

・紫外線の影響
紫外線の刺激により、基底層での細胞の増殖スピードが通常より早くなると、細胞が不完全なままつくられてしまいます。すると、角層に上がってきたときに十分な機能を発揮することができず、水分保持力の弱い角層となってしまいます。また、紫外線は真皮まで届き、肌の弾力やハリを保つコラーゲン繊維やエラスチンも破壊してしまいます。

・皮脂の取り過ぎ
夏は汗をかいてしまうので、1日に何度もシャワーを浴びる方も多いと思います。しかし、何度もボディーソープやタオルで身体をこすったり、洗顔することによって、過度に皮脂が洗い流され角層を傷つけることになります。

乾燥する夏こそしっかりスキンケアしましょう!

夏はエアコンの使用や紫外線の影響で肌にとってはとても過酷な季節ですよね!
思っている以上にお肌はダメージを受けています。
隠れ乾燥肌をほっておくと、キメの乱れやくすみなどの肌トラブルの原因になってしまいます。
夏こそしっかりスキンケアをしましょう!

・UVケアは忘れずに
紫外線は乾燥を悪化させます。
日焼け止めは、朝つけたままで終わりにはせずこまめに塗り直すことが大切です。

・洗顔をし過ぎない
洗顔をし過ぎると皮脂がなくなり、逆に乾燥を促進させます。
洗顔は朝夜1回ずつか、朝はぬるま湯だけでもOKです。

・コットンを使って
化粧水を均一に浸透させるためには、手ではなくコットンを使用することがオススメです。
化粧水の量が少ないとコットンが肌と摩擦を起こしてしまうので、500円玉大の量を目安にたっぷり使うことが大切です。

・コットンマスクで浸透させて
顔全体に化粧水を含ませたコットンで軽く押さえた後、目元など皮膚の薄い部分に優しく丁寧に化粧水をなじませてください。
そして使っていたコットンに化粧水を足して、頬や目元に貼り付けましょう。コットンも無駄なく使えるのでオススメです。

・しっかりハンドプレス
コットンで化粧水をしっかりお肌に塗布したら、ぎゅっとお肌に化粧水を入れこむようにハンドプレスしてください。
手のひらの体温で化粧水を浸透させるイメージで、じっくりお手入れしましょう。

・乳液でふたをする
夏はベタつくからといって化粧水だけで終わりにしている方もいるのではないでしょうか?
せっかく化粧水で水分をお肌に入れたのに、ふたをしなければ水分が抜けていってカラカラになってしまいます。
べたつくのが嫌な方は乳液、乾燥肌の方はクリームなど使い分けることをオススメします。

いかがでしたか?
夏も意外と乾燥しがちなんですよ。
忘れがちですが、毎日の積み重ねがしっとりお肌になる秘訣です。
夏の努力が秋に繋がるので、さっそく今日からがんばりましょう。

関連記事