食生活に気を付けて!●●の食べ過ぎが汗臭いボディを作る

食生活に気を付けて!●●の食べ過ぎが汗臭いボディを作る

実は、普段食べているものが汗のにおいを左右するってご存知ですか?汗をかくことが増えてきたこの季節、身体の中からにおい対策を行いましょう!

「汗臭い」と言われる人の食生活とは

汗が臭くなる原因って…?
汗のほとんどは、エクリン腺という汗腺から分泌されます。実は、この時点では汗はほぼ無臭なんです。「汗臭い」という表現がありますが、汗そのものが元々臭いわけではないんですね。

汗がにおいを発するようになるのには、いくつか原因があります。
●皮膚表面の垢、皮脂と混ざり雑菌が繁殖
●脇の下のアポクリン汗腺が臭う
●無臭のはずの汗自体が臭う

ここでご注目いただきたいのが、3番目の原因です。先程「汗はほぼ無臭」と書いたばかりですが、これには個人差があるんです。
つまり、無臭な人もいれば、臭う人もいるということ。この汗そのもののにおいには、普段の食生活が深く関係しているんです。

汗が臭くなる食べ物とは?

普段何を食べているかが、汗のにおいを左右する重要なポイントです。
まずは、汗を臭くする食べ物・においをなくす食べ物をざっとご紹介していきます。

汗のにおいをキツくする食べ物
●肉、卵などのたんぱく質の多い食べ物
●脂肪の多い食べ物
●甘い物
●ネギ、にんにくなどにおいの強い食べ物
●乳製品

汗のにおいを抑える食べ物
●緑黄色野菜:にんじん、ほうれんそう、トマトなど
●食物繊維の多い野菜:ごぼう、キャベツなど
●海藻類

しかし、汗のにおいをキツくする食べ物を食べてはいけない、ということではありません。汗のにおいを抑える野菜や海藻類を多めに摂りつつ、たんぱく質や脂肪・乳製品などは食べ過ぎに気を付けてバランスよく食べるようにしましょう。

普段の制汗ケアにプラスして食生活にも気を配ることで、大分汗のにおいは抑えることが可能です。どうしても自分のにおいが気になるという人は、ぜひ試してみてくださいね!

関連記事