夏に気になる汗の臭いの原因は食事から作られるものだった

夏に気になる汗の臭いの原因は食事から作られるものだった

あまり関係性がないように思われる汗と食材ですが、意外な食材が臭いの元になっていたんです!

臭いは気にるけど、汗をかくこと自体は本当はいいことばかり!?

これからの季節、気になりだすのが汗ですよね。ベタつき、化粧崩れ、服についた汗がシミになってしまうんではないかと、色々マイナスなイメージが強いと思いますが、思い切って自発的に汗をかいてみませんか?

汗をかくことで得られる美肌効果は抜群だと言われています。汗の水分と一緒に排出されたミネラルが、再度吸収されることで肌をしっとりとさせてくれます。さらに身体の中に溜め込んでいた不要な疲労排出物、毒素、老廃物(むくみ)、吹き出物をデトックスさせることで、疲れを取り除いてくれるだけでなく、免疫力アップにも繋がります。老廃物は汗だけに限らず、尿や便など様々な方法で体外へ排出することができますが、汗をかくだけでこんなにもたくさんのメリットがあるんです!

汗の臭いの原因となる食材とは?

ズバリ!お肉などの動物性食品は汗の臭いの元と言われています。
主にお肉、チーズ、牛乳の動物性食品といったタンパク質は消化に時間がかかることで、腸内で腐敗が進み、その結果匂いのある汗を作り出します。他にも、スナック菓子やお酒をたくさん摂取する人は要注意です。揚げたスナック菓子は時間の経過とともに酸化しやすく、腸内環境を悪くさせ、悪玉菌を増えやすくし、より汗の臭いを悪化させてしまう傾向があります。
また、お酒に含まれるアルコールは体内で分解され、アセトアルデヒドとなり強い臭いを生み出します。血中に混ざって全身を巡ったのちに、酢酸へと変化を遂げます。消化しきれなかった酢酸は汗として分泌されるため、たくさん飲みすぎると消化しきれず、臭い汗の原因になるというわけなんです。

満員電車やエレベーターの中で“汗臭い”と思われないために、食事で汗の臭いを予防しましょう。
関連キーワード

関連記事