髪の日焼けは大丈夫?美髪キープのための日焼け対策方法をご紹介

髪の日焼けは大丈夫?美髪キープのための日焼け対策方法をご紹介

紫外線の強い季節日焼け対策は必須ですよね!お肌だけじゃなく髪の毛も日焼け対策していますか?実はお肌より髪のほうが日焼けしてるんです! 

髪が日焼けするとどうなるの?

体の中で一番太陽に近い位置にある頭皮や髪の毛が受ける紫外線量は、顔に比べて3~5倍以上の量だそうです。きちんと髪も日焼け対策しないとお肌同様、髪の毛や頭皮もダメージを受けてしまうんだとか。

・パサつきや枝毛、切れ毛を招く
紫外線が当たると髪の表面にあるキューティクルが影響を受けてしまいます。キューティクルが剥がれてしまうと髪の中のタンパク質や保湿成分が流出して髪に水分がなくなり乾燥してしまい、枝毛や切れ毛の原因になります。そうすると、ツヤのないパサついた髪になってしまいます。

・カラーリングが褪色しやすくなる
日焼けするとメラニン色素が分解され、カラーリングをしていない髪の毛でも色が明るくなってしまいます。カラーリングですでにダメージを受けている髪の場合は更に褪色し、ダメージの進行もどんどん進んでしまいます。

・髪の成長にも影響する
夏場は毛根部から分泌される皮脂の量が増えるため、頭皮にオイルを塗った状態になり、普段よりも日焼けしやすくなっています。頭皮が日焼けすると、乾燥して硬くなったり、炎症を起こし赤みや痒みの原因になることもあります。また、強い紫外線によって細胞がダメージを受けると肌と同じように老化が進み髪の成長に影響を与えます。

美髪をキープするための髪の日焼け対策

◯帽子をかぶる
帽子は誰でも簡単に取り入れられる日焼け防止アイテムですよね!
最近はUVカット機能が付いた帽子の種類も豊富で、値段も1000円台から購入することが可能です。
帽子選びのポイントは
・ツバが広めで深くかぶる事ができること
・ツバが7cm以上あるものが好ましい
・少しゆったりとしたサイズ感のもの
・折りたたんでもOKなもの
あまり帽子を被りたくないという人も、外を歩くときだけでも被ってしっかり紫外線対策をしましょう。

◯日傘をさす
日傘は太陽の光を遮るだけでなく紫外線から守ってくれます。オシャレな日傘も沢山あって選ぶのも楽しいですよね。でも、せっかく日傘をさすならきちんとUV対策出来るものを選びましょう。
日傘選びのポイントは
・遮光率、UVカット率を確認する
・長傘(使用する時間が長い時)、折りたたみ日傘(移動の道中のみ必要な時)を使うシーンに合わせて選択する
・傘の外側は遮光100%なら何色でもOK
・内側は黒色を選択する

◯トリートメントで紫外線予防
洗い流さないトリートメントは、髪に直接紫外線が当たるのを防いでくれる他にトリートメント効果で髪を修復してくれる作用が期待出来ます。
最近は、洗い流さないトリートメントにUVカット機能が備え付けられているものが販売されているので、選ぶ際にはUVカット機能が付いているかどうかも選ぶポイントです。

◯スプレータイプの日焼け止めでUVカット
美容院やバラエティーショップなどで、髪の毛専用のUVスプレーを買うことが出来ます。UVカットスプレーを使用した日は、必ずシャンプーを行い、しっかりUVカットスプレーを落としてからトリートメントをして髪の毛をケアしてください。
UVスプレーは髪の毛も頭皮も守れるアイテムです!

◯紫外線が強い時間帯の外出を避ける
当たり前のことですが、紫外線の影響を防ぐためには紫外線の強い時間帯の外出を避ける事が一番手っ取り早い方法ですよね。紫外線の強い時期は、少し時間をずらしてお出掛けする工夫をしてもいいかもしれません。

いかがでしょうか?
お肌の紫外線対策はバッチリでも、なかなか髪の毛のケアまで気づかない方も多いですよね。これを機に髪の毛もしっかり紫外線対策してみてください!
夏の間の心がけが美髪キープに繋がりますよ。
関連キーワード

関連記事