女子のみなさん覚えておいてください!夜食に向かない食べ物

女子のみなさん覚えておいてください!夜食に向かない食べ物

深夜番組を見ていて食べ物特集されていることがあると、ついつい小腹が空いて食べてしまいますよね。食べてはいけない食材があるって知ってました?

夜食に向かない食べ物があるって知ってました?

夜にお腹が空いて眠れなかったり、深夜番組で美味しいもの特集をしているとついつい夜食を食べてしまいますよね。少しならよいのですが…と言いたいところですが、実は、寝る前に食べると睡眠の質を低下させてしまう食材があるって知っていましたか?
消化不良を起こしやすかったり、身体の中の塩分濃度を高めて眠りの質を低下させてしまったりするのです。さて、その食材とは何でしょうか?

夜食に向かない食べ物

ここでは、夜食に向かない食べ物をご紹介いたします。

【辛いもの】
辛いものを食べると体温が上昇します。なので、夜食に辛いものを睡眠サイクルのは最初の段階で体温が上昇することでなかなか寝付けず、寝がえりを頻繁にうつなど、睡眠の質の低下を招きます。

【ガスが発生しやすい食べ物】
豆腐、サツマイモ、白菜、パンなどの食べ物は消化プロセスでガスが発生しやすく、安眠の妨げになります。低カロリーだからと言って食べ過ぎると、なかなか寝付けなくなるので要注意です。

【アルコール類】
アルコールを飲むとすぐ寝てしまう…ということで寝付けない時はアルコールを飲むというのが昔からの定説でしたが、最近では、アルコール類は、深い眠りであるノンレム睡眠を抑制するということが分かりました。せっかく寝られても上質な睡眠とはかけはなれてしまっては、もったいないです。


意外とこれが夜食に向かない食べ物なのかと驚きませんか?低カロリーだからといって食べていたり、すぐ寝られると思って摂取していったものがあまりおススメではないのです。上質な睡眠をとるためにも、日中は栄養バランスのとれた食事と適度な運動を心掛けましょう。
夜食に向かない食べ物

関連記事