肩の力が入っていることで、性格まで変わってしまう!?

肩の力が入っていることで、性格まで変わってしまう!?

知らず知らずのうちに入っている肩の力…。そんな肩の力があなたの性格にも影響を及ぼしていること、知っていましたか?

肩の力が入りっぱなしはせわしない日本人の象徴!? 性格が関係するのはなぜ?

「力を抜いてください」マッサージに行ったり、整体を受けていたりすると、言われた事のある方も多いのではないでしょうか。
実は現代人は肩に力は入ったままの方がとても多いです。
パソコン作業だったり、緊張することが多かったり、ストレスがかかることが多かったり。
原因は様々ですが、リラックスしている状態の時には入らない肩の力が、入りっぱなしになってしまっている方が多い、というのは、忙しい現代の日本の様子をそのまま映し出しているのではないでしょうか。
肩の力が入っていることで、性格まで変わってしまう!?

肩の力が入っていると起きる、性格への影響

肩の力が入っていると、肩周りの筋肉の循環が悪くなり、「こり」が生まれてきます。
するとまずは肩こりや首こりそこから頭痛が発生してしまう事まで。
さらに、そんな状態が長く続くと、筋肉は硬くなり、私たちの姿勢まで崩してしまうのです。
また、上半身を使って行っている呼吸も浅くなってしまうことで、自律神経のバランスは崩れ、イライラしやすかったり、うまくリラックスが出来ずにいっぱいいっぱいの状態が続く、なんて恐ろしい状態まで…!
つまりは、いつの間にか内面にまで影響を引き起こしてしまうのです。

肩の力を抜く2STEPエクササイズ

私たちは緊張した瞬間に、防衛本能として首や肩に力を入れる習慣があります。
一番の急所とも言われる首を守るためです。
なので、肩に力が入ることは決して悪いことだとは思わないで!
大切なのはそのあとに力を抜くことです。
だからこそ、1日に何度も出来るくらいの手軽さが大切です。
1. 吸う息とともに首を思いっきりすくめる
2. 吐く息とともに力を抜きながら肩を落とす。

たったこの2STEPでOK!
デスクの上でも、コピー機の前にいる時でも、お手洗いにいるときでも、
いつでもどこでもできるこのエクササイズを習慣にして、肩に力の入っていない状態を目指していきましょう!

関連記事