6月は紫外線が最強!雨の日でも日焼けするってホント?

6月は紫外線が最強!雨の日でも日焼けするってホント?

6月といえば梅雨の季節ですが、雨の日のUVケアはどうしていますか?実は、雨の日だって日焼けしてしまうんです…!

UVケアは完璧?6月は一番日焼けしやすい!

雨の日だからとUVケアを怠っていると…!?
実は、6月は一年のうちで最も紫外線量が強い時期だと言われているのをご存知ですか?夏真っ盛りの7月・8月よりも強いなんて、意外ですよね!
また、紫外線は曇りの日でも地上に降り注いでいます。雨が降っているからといってUVケアをサボっていると、たちまち日焼けしてしまうんです。
曇りの日でも、油断せずにしっかり日焼け止めを塗るようにしましょう。

曇りの日でも日焼けしてしまうということは、雨の日も同様です。この時期におすすめなのは、晴雨兼用の傘を使うこと。こうした傘は日傘として使うことが多いようですが、紫外線が強い時期の雨傘として使うのにもってこいです。

室内でも日焼けしちゃうってホント?

「昼間はオフィスで仕事しているから大丈夫!」という方も、注意が必要です。室内とはいえ、窓際の日が差し込むところに長くいると日焼けしてしまいます。曇りや雨の日でも紫外線は届いてしまうでしょう。
そういう方も、日焼け止め等のUV対策を怠らないようにしましょうね。

ちなみに、1日の中で紫外線が最も強い時間帯は午前9時~午後3時までの間です。その時間帯を過ぎると紫外線はグッと弱まりますので、この時間帯は紫外線を浴びないように特に気をつけましょう。

紫外線が強くなり始める春からUVケアを本格的に始めている方もいらっしゃると思いますが、ここで油断してしまわないように気を引き締めて!
関連キーワード

関連記事