ヨガインストラクター実践!落ち込む時のメンタルコントロール

ヨガインストラクター実践!落ち込む時のメンタルコントロール

誰だって、いつも絶好調なわけではないですよね?そんなとき、ヨガインストラクターの私が実践しているメンタルコントロールをご紹介します。

何となく上手くいかない時、ヨガインストラクターが実践しているメンタルコントロール

私たちの毎日はいろんなことが起きています。
調子が良い時もあれば、上手くいかないこともある。
それが、私たちの毎日であり、私たちの心の状態です。
そんな風に自由に動く周りの状況や心に振り回されてしまうと、いつの間にか疲れてしまうことも。
だからこそなんだか上手くいかない時にちょっとしたポイントを大事にして、心をコントロールしています。
そんな3つのポイントをご紹介します。

ヨガインストラクターが心を飼い慣らす為に大切にしている3つのメンタルコントロール

1. 今の状態がずっと続くわけではないということを知る。
諸行無常という言葉がある通り、変わらないものは何もありません。
つまり、上手くいかない状態もそのうち終わりが来るということを知っておくことは大切。辛い時はその辛さが永遠に続くように感じてしまいますが、必ず終わりは来ます(反対に調子が良い状態もずっと続くわけではないのですが…)

2. 自分を良い状態のところに置く。
人でも、場所でも、私たちは絶えず周りから影響を受けています。
例えば清潔ではない場所や暗い場所、空気の通りが悪い場所に居れば自然と気持ちも下向きに。
だからこそ、ヨガでも清潔にすることは大切にしています。
また、噂話や悪口など、マイナスな言葉ばかりを言っている人の中にいないでしょうか。
言霊という言葉があるように、ネガティブな言葉からはネガティブな感情しか生まれません。
見えない力ではありますが、知らず知らずのうちに影響を受けてしまう「マイナスオーラ」の場所からは自分自身を遠ざけましょう。

3. 運動をする。
 「運を動かす」と書いて運動です。何となく上手くいかない時、どうしても気分が乗らず、一箇所に留まってしまいがちですが、外に出て運動をしてみることはとっても大切。
そこで思わぬ出会いがあったり、体を動かすことに集中すると余計な考えを手放すことができ、自然と頭の中が静かになりやすいです。
すると、自然と心が楽になっていきます。
ヨガインストラクター実践!落ち込む時のメンタルコントロール

ヨガで目指しているメンタルコントロールとは?ポーズ以外からのアプローチも大切

ヨガというと難解なポーズをすること、なんてイメージを持つ方も多いかと思いますが、目指しているのは揺れ動く心をうまく飼い慣らすことです。
だからこそ、実は「ポーズ以外のヨガ=行動のヨガ」もたくさん。
大人だからこそ、意識しておきたい、自分を良い状態に持っていく為の行動のヨガ、実践してみませんか?

関連記事