2016年はもっとも暑い年!? 熱中症対策をしっかりしよう!

2016年はもっとも暑い年!? 熱中症対策をしっかりしよう!

熱中症は誰もが患う可能性のある夏の症状です。今年は最も暑い年になるのだとか?早めの対策をして、今年の夏は快適に過ごしましょう!

2016年は最も暑い夏!熱中症に気を付けよう!

今年の4月が過去最高に暑い4月だったことを受け、NASAが2016年の気温について「史上最も暑い夏」と推測したそうです。みなさんは、来る暑い夏に向けて準備はできていますか?
今年の夏はたくさんレジャーやファッションを楽しみたい!なんて方もたくさんいらっしゃると思います。
そのために痩せなきゃ!と一生懸命になるのも分かりますが、熱中症になってしまっては本末転倒。
美容に気を付けるためにも、基本となる「健康な身体」作りをしていきましょうね。

そもそも熱中症とは…?
暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称です。脱水による体温上昇と、体温上昇に伴う臓器血流低下と多臓器不全で、表面的な症状として主なものは、めまい、失神、頭痛、吐き気、強い眠気、気分が悪くなる、体温の異常な上昇、異常な発汗(または汗が出なくなる)などがあります。また、熱中症が原因で死亡する事もあります。日射病との違いは、室内でも起こりうる症状であるということです。

年々、熱中症患者が増える中いろんな、対策やグッズは出ています。今回はそんな暑い夏に向けての熱中症にならないための対策をご紹介いたします。

万全の熱中症対策をして快適な夏を過ごそう!

ここでは、熱中症対策をご紹介して行きます。

【空間対策】
湿度や室温が高いと熱中症の症状が起こります。扇風機や冷房で温度28度以下に設定し、遮光カーテンやすだれで直射日光を避けます。

【衣服】
熱のこもる衣服は避け、通気性、吸湿性、速乾性の良い衣服の着用しましょう。

【外出時】
気温の高い時間帯は避け、保冷剤、水、冷たいタオルなどで身体を冷やしましょう。また水分補給をしましょう。日傘や帽子を被り、頭に直射日光が当たらないように工夫しましょう。

【食べもの】
喉に渇きを覚えなくても、水分・塩分をこまめに補給しましょう。塩分補給の例として、梅干しや味噌汁、せんべいや、最近発売されている塩分を含んでいる飴もおススメです。

いかがでしょうか?
見落としがちな美容の第一歩、それは健康です。熱中症に気をつけて、夏を大いに楽しめるよう対策しておきましょうね。
熱中症に気をつけよう
関連キーワード

関連記事