たった1分! 憧れの上向きバストが手に入る方法♪

たった1分! 憧れの上向きバストが手に入る方法♪

可愛いおっぱいを作り出すテクニックやワザって、たくさんあるんです!

おっぱいを『押さえつけている』日本女性が7割?!

日本女性の約7割が、ブラジャーのサイズを勘違いしていたという驚きのデータを発見!早速、データを提供してくださったワコールの広報、福岡智亜紀さんに取材を敢行!

衝撃!盛れてるように見えているのは自分だけ!

衝撃!盛れてるように見えているのは自分だけ!
「こちらの画像は、間違ったサイズのブラジャーを着用しているモデルの写真です。何が間違っているかといえば、実際のバストのサイズに比べて小さいサイズを着用している点。
・ワキのお肉がハミ出して背中に流れている
・バストトップの位置が低い
・カップから乳房があふれている
といった、いまいちな状態になるんです」(福岡さん)

自分目線では盛れていても、実はブラジャーからハミ出しているだけ。間違ったサイズのブラジャーをつけているのは『潰れ乳』状態だと心得て!

ブラジャーが合っているかどうか、今すぐチェック!

今使っているブラジャーは、あなたにとってマシュマロおっぱいのサポートになっている?
以下の項目で思い当たることがあるかどうか、ただちにチェックを。
「最低でも1年に1回は店頭で採寸、試着することをオススメします!!」(福岡さん)
ブラジャーが合っているかどうか、今すぐチェック!
チェックポイント1 カップの上辺
カップの上辺が浮いてパカパカする、食い込んで乳房が潰れている、といったことはない?デコルテからバストトップまでが美しいラインになっていない場合は、ブラジャーのサイズを確認して損なし。

チェックポイント2 ストラップ
ストラップがズレたり、落ちてきたり、食い込んでくるなら、まずはストラップの長さを調整。それでも不快感があるようなら、サイズが合っていない可能性あり。

チェックポイント3 前の中心
前中心は肌につかず離れずでフィットしているのが理想。指が入ってしまうほど浮いていたり、食い込んでいるならアンダーサイズが間違っていることが考えられる。

チェックポイント4 アンダーバスト
食い込む、苦しいという自覚があるならサイズが合っていないことが。また、動いているうちにブラジャーが徐々に上にずれ上がるという人はカップサイズが小さい可能性あり。

チェックポイント5 バージスライン(バストの底辺ライン)
可愛いおっぱいのポイントは、キレイに弧を描くバージスラインにあると言っても過言ではない。ワイヤーが食い込む、バージスラインがハッキリしない、といったことに思いあたる場合もブラジャーサイズを再確認して正解だ。

いよいよ本題! 1分でバストアップテクする正しいブラのつけ方

バストアップテクする正しいブラのつけ方
1:ストラップを肩にかけ、軽く前かがみの体勢に。このとき乳房は円錐型にぶら下がっているイメージ。ブラの下側を持って、ワイヤーのカーブとバストのバージスラインを合わせたら前屈みの体勢のままホックを留める。
バストアップテクする正しいブラのつけ方
2:やや前かがみの体勢のまま、左のバストを調整。ストラップのつけ根を少し浮かせ、右手で左のバスト全体を包み込みながら、中央に寄せるようにカップにおさめる。このとき、ワキのハミ肉が出ないように寄せつつ、左のバストを右肩方向へ引き上げるようにするのがコツ。反対側も同様に。
バストアップテクする正しいブラのつけ方
3:からだを起こして、ストラップの長さを調整。ストラップが肩から外れないようにして。ストラップの調整は、ブラをつける前に行ってもOK。
ブラの正しいつけ方はマスターすれば1分足らずでできる美乳テク。可愛いおっぱいを手に入れる最初の一歩として、あなたも実践してみては?

★取材にご協力いただいたのは
ワコール http://www.wacoal.jp/
サイトには下着に関する情報も盛りだくさん!

取材・文:丸岡彩子

関連記事