そんなに凄いの?巷で話題のバターコーヒーダイエットが気になる

そんなに凄いの?巷で話題のバターコーヒーダイエットが気になる

じわじわと人気が高まっているバターコーヒーダイエット、どんなものかとても気になっています。今回はその驚くべき効果をご紹介!

バターコーヒーでダイエット?

バターって実はスゴいんです
バターコーヒーとは、その名の通り、コーヒーにバターを入れたものです。このバターコーヒーを使ったダイエットを提唱したのは、アメリカの企業家デイヴィッド・アスプリー氏。チベット登山の際に飲んだバター茶に着想を得て、このバターコーヒーを考案したのだとか。

バターコーヒーには、こんなメリットが!
■コーヒーのカフェインでエネルギー消費量がUPする
■バターの不飽和脂肪酸が、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす
■砂糖やミルクに比べ、バターは血糖値が上がりにくい

太りそうだと思われているバターですが、摂り過ぎなければむしろ健康的な食材なんです。そして、バターコーヒーに使うのは、無塩の「グラスフェッドバター(grass-fed butter)」という特別なバター。放牧されて育った乳牛のミルクから作られたこのバターには、不飽和脂肪酸が豊富に含まれているのだそうです!

朝食の代わりに2杯のバターコーヒーを飲むようになってから、デイヴィッド・アスプリー氏の140kg以上あった体重は、100kgを切るまでになったのだとか。そのほか、集中力がUPしたりお通じが良くなったりといった効果もあるのだそうです。
そこまでの効果が期待できるのなら、バターコーヒー生活を始めないわけにはいきませんよね。

バターコーヒーの作り方

バターコーヒーの作り方はとても簡単です。今回は、もっとも簡単な作り方にプラスして一工夫加えたレシピもご紹介します。

●作り方その1
コーヒーにお好みの量の無塩グラスフェッドバターを入れて、完成。

●作り方その2(時間のあるときに)
ドリップしたコーヒーと、大匙1~2杯の無塩グラスフェッドバターをミキサーに入れ、30秒ほど攪拌する。泡立ったままカップに注いだら完成。

バターの量は、お好みに応じて調節してください。あまり入れ過ぎると油っぽくて気分が悪くなってしまうので注意です。デイヴィッド・アスプリー氏は、2杯のコーヒーに対してティースプーン6杯分ものバターを入れていたのだとか。

忙しい朝も、バターコーヒーなら手軽に試すことができそうですね。バターコーヒーダイエット、ぜひ始めてみましょう!

関連記事