美人になるためにはまず内側から!最近話題の腸内環境とは?

美人になるためにはまず内側から!最近話題の腸内環境とは?

もっともっとキレイになりたい方におすすめの、カラダの中から美人になるヒミツを大公開。美容内科を専門にしていらっしゃる医師の関由佳先生にお話を伺ってきました。
教えてドクター! 美肌のカギは「腸内環境」にあり 関由佳先生

腸内環境とキレイには深い関わりがあります

関由佳先生は、内科医として予防医学、栄養治療を専門にしている先生です。現在はカラダクリニックと小西統合医療内科で予防医学に力を入れた診療を行いながら、メディカルフード料理研究家としても活躍されています。

さらに、『ゆるゆる糖質オフダイエット』や『みるみる痩せる! 味噌汁ダイエット』など、多くの健康・美容の参考になる本も出版されているカリスマドクターです。

そんな関先生も注目の「腸内環境」。キレイでいるためにはこの「腸内環境」を整えることが大切だそう。
そこで「腸内環境」について詳しくお話を伺ってきました。

そもそも腸内環境って何のこと?

「腸内環境とは、大きくわけて2つのことを指します。まず、『腸内フローラ』のバランスが整っているか。そして、腸内の粘膜の状態が良好かどうかということです」(関先生)

『腸内フローラ』とはどのようなものでしょうか?

「腸内フローラは、主に『善玉菌(2割)・悪玉菌(1割)・日和見菌(7割)』の3つの菌で成り立っています。この腸内フローラのバランスがきちんととれている状態が、腸内環境が整っているということです。次に、腸内における粘膜の状態ですが、一般的には粘膜のヒダがピンク色であることが健康的と言われています」(関先生)

私たちの腸内には、たくさんの細菌が存在しますよね。これらの細菌たちがまるでお花畑のように腸内で集団をつくっているので、「腸内フローラ」と呼ばれるようになったのだそう。
みなさんも、よくテレビや雑誌で、体内カメラで映し出されているピンク色の腸内を見たことがあると思います。健康であれば、ポリープや宿便もない状態。目指すは、そういった腸内粘膜なのです!

とっても繊細? 実は乱れやすい腸内環境

大切にしなければならない腸内環境ですが、実はとても繊細でちょっとしたことですぐに乱れてしまいがち。
では、どういったことで腸内環境は乱れてしまうのでしょうか?

「ストレスが腸の粘膜のダメージにつながる大きな原因になってしまいます。また、ストレスが引き起こす暴飲暴食などは、さらに腸内を傷つけてしまう場合があります。なるべくストレスを溜め込まないように、普段から余裕のある生活を心がける必要がありますね」(関先生)

腸内環境をセルフチェック!

少しでも自分の腸内環境のことを知っておきたいですね! 自分で腸内環境をチェックする方法はありますか?

「腸内環境が崩れてしまっていると、おなかの張りを感じたり、胸焼けがしたり、胃痛がしたりします。
また、便の色や形、臭いでも自分の腸内環境の状態を知ることができます。たとえば、下痢気味の便、水分の足りていない固めの便、または臭いが強い便が出ていませんか? その際は、もう一度自分のカラダのコンディションを見直してみましょう」(関先生)

便秘解消のために腹筋を軽くしてみてもいいですし、ヨガでカラダをリラックスさせるのも効果的だそう。

少しでもカラダに異変を感じたら、関先生のような専門医に診てもらうことがオススメです。

キレイで健康的な女性であり続けるために、もっともっと腸内環境について知り、腸内環境の改善に尽くしましょう!
■監修
関 由佳 先生
小西統合医療内科、カラダクリニック銀座 内科・栄養療法

関連記事