そのやり方NGです!ニキビ肌に合った洗顔とは

そのやり方NGです!ニキビ肌に合った洗顔とは

ポッとできてしまった大人ニキビ…。気になるから、早く治したいから、と過剰な洗顔続けていませんか?

ニキビを悪化させる?無意識でやってしまっているNG洗顔とは

ニキビができてしまうと、なんとなく憂鬱になったり、人に会いたくなくなったり…。
いつもより自分に自信が無くなってしまいますよね?
女性は特にメイクやホルモンバランスの影響でポッとニキビができてしまうことがあります。
ニキビができるとどうしても気になって、それがストレスでまたニキビが増えてしまったりと、悪循環を繰り返してしまいます。
そうなると焦ってついつい洗顔を頑張ってしまっていませんか?
ニキビが出来た時こそ、頑張り過ぎる洗顔はNGなんです。
焦る気持ちを抑えて、正しい洗顔を心がけましょう。

ニキビ肌に刺激は厳禁!優しい洗顔を心がけて

では、実際にどのように洗顔をおこなったら良いのでしょうか。一緒に見ていきましょう!

朝起きてすぐ、もしくは夜でしたらメイクをよく落とした後、ぬるま湯や蒸しタオルで十分に顔を湿らせ、毛穴を開きましょう。
その後よく泡立てた洗顔料で、くるくると手のひら全体を使って洗っていきます。
その時、おでこ、こめかみ、鼻、頬、目の周り、顎のライン等、部位を意識しながら洗うのがポイントです。
ニキビが気になるからといってゴシゴシ擦らず、最低限の力で優しくマッサージするように洗いましょう。
このとき、忙しいからと早く終わらせようとせず、じっくりと時間をかけてあげてください。

十分に汚れを浮かせたら、泡が残らないようぬるま湯でよくすすぎます。
この時もゴシゴシ擦るのはNGです。シャワーを直接当てるのも避けましょう。
水気を拭き取る際のタオルは清潔で、なるべくゴワゴワしていないものをチョイスしてください。
ニキビは傷と一緒で刺激を与えるのはよくないとされていますので、低刺激というキーワードを常に意識しておくと良いです。
洗顔が終わった後は手早くいつものスキンケアをしてあげましょう。

他にも、ニキビ肌用の洗顔料やスキンケア用品を選ぶのも効果的でしょう。
最近では様々な種類のニキビケア用品が売られているので、自分に合うものを見つけてみてくださいね。
関連キーワード

関連記事