早めのエイジングケアが吉!顔のたるみを無くして若々しい印象へ

早めのエイジングケアが吉!顔のたるみを無くして若々しい印象へ

加齢とともに気になる顔のたるみ…。気にするのはまだ早い!なんて思っていませんか?早めのエイジングケアが若々しい印象をキープしてくれます。

顔のたるみは印象を変えてしまう!? 早めのエイジングケアが差をつける

顔のたるみの原因は、加齢によるもの(顔の筋力低下やお肌のハリと弾力性の低下)、紫外線の影響、乾燥など…様々挙げられます。
そもそも、普通に生活しているだけでも重力の影響で自然と下へ下へと負荷がかかっている訳ですから、それなりのケアは必要になってきますよね。
『見た目年齢』なんて言葉もあるくらいですから、顔のたるみがあるのと無いのとでは、だいぶ印象が変わってきます。
それに、顔のたるみは一度目立ち始めると、解消するのにそれなりの手間がかかってきてしまいます。実際に顔のたるみが気になってきてから始めるよりも、早め早めのエイジングケアで日頃からたるみ予防をしておくことが重要になってくるでしょう。

今日からできる簡単体操で顔のたるみを予防・解消しよう!

ここでは、ちょっとした空き時間で出来る簡単なたるみ防止の顔体操をご紹介します。
いきなりはりきってしまうと首を痛めてしまうことにも繋がりますので、肩の力を抜いて、軽く首を回す運動をしてから始めていきましょう。

○あいうえお顔体操
1.顔を天井に向ける。
2.ゆっくり「あ・い・う・え・お」と大きく口を開ける。この時実際に声を出して行うと、自然と息を吐きながら出来るのでオススメです。
3.顔を正面に戻す。

この動作を1日最低3セット行うと良いでしょう。

○笑顔体操
1.顔を天井に向ける。
2.おもいきり笑顔をつくる。目もぎゅっと瞑り、顔のパーツを全て中心に集めるようなイメージで、口角もキュッと上げましょう。この状態で数秒キープします。
3.表情を元に戻す。
4.次は口をおもいきりすぼめます。あいうえお体操の「う」の顔に近いですが、できるだけ下唇を突き出すようにするのがコツです。この状態を数秒キープ。
5.表情を戻しつつ、顔を正面に戻す。

この動作を1日最低3セット行うと良いでしょう。

いかがでしたか?
今回ご紹介した顔体操の他にも、洗顔をする際は下から上へ(顎から頬へ)と洗うように意識したり、スキンケアの途中で顔のリフトマッサージをはさんだりするのも効果的です。
早めのエイジングケアで差をつけて、いつまでも若々しい印象をキープしていきましょうね!

関連記事