意外とお肌が乾燥している夏はベタつかないオイルケアで決まり!

意外とお肌が乾燥している夏はベタつかないオイルケアで決まり!

オイルでのスキンケアって冬だけのものだと思っていませんか?冷房などで意外と乾燥している夏のお肌も、オイルで保湿をしてあげましょう。

オイルで簡単保湿!夏の乾燥肌は特に注意が必要?

夏は汗や皮脂でお肌がベタつきやすいので、乾燥とは無縁の季節のように感じますよね?
けれど、夏のお肌って実はとっても乾燥してしまっているんです。
汗が蒸発する時に必要な油分も一緒に奪われてしまっていたり、冷房の風がお肌を刺激してしまっていたり、そんなことが繰り返されたお肌は当然乾燥しています。
しかしながら、夏はベタつきが気になる季節でもありますから、化粧水や美容液だけで済ませてしまうなど、保湿ケアを怠っている方も少なくないのではないでしょうか。
中には、分かってはいるけどオイルのベタつきがどうも苦手で…という方もいらっしゃるかもしれませんね。
そんな方のために、ベタつきを軽減させるオイルの使い方をご紹介します。

たった1滴のオイルが、乾燥に負けない生き生き肌をつくる

オイルをベタつきを気にせず使用する方法、それはとても簡単です。
化粧水を手のひらにとった後、そこへオイルを1滴足してください。その後はいつも通りのスキンケアでOK!
それだけではなんだか潤いが足りない、と感じた方は、洗顔後オイル1滴分をお肌に馴染ませてからこのステップに進むと良いでしょう。
たったこれだけで、お肌に潤いが出てきますよ。
コツは、ゆっくりと時間をかけてお肌に馴染ませてから、次の手順に進むことです。
また、普段オイルを使わない方や、どんなオイルを選んだらいいか迷ってしまった方は、オーガニックのものをチョイスすると良いでしょう。低刺激なので、オイルデビューにオススメですよ。
潤いのあるお肌はあらゆる肌トラブルを軽減してくれますし、化粧のりも良くなりますのでぜひお試しください。

関連記事