化粧したまま寝ると危険!若々しいお肌はメイク落としから始まる

化粧したまま寝ると危険!若々しいお肌はメイク落としから始まる

アンチエイジングや美白などを気にしているあなた。スキンケア用品に目をギラつかせる前に寝る前のメイク落としや基本的なケアから見直しましょう。

メイク落としは必要不可欠!化粧したまま寝るのはNGです

働く女性も増え、飲み会や仕事に追われ、帰宅するのが終電もしくは深夜になってしまう!なんて女性も増えているのではないでしょうか。
疲れている体に鞭打ってまで入浴や洗顔を済ませるのが面倒だと、そのまま寝てしまう気持ちもわかります。
しかし、そうやって自分を甘やかしているとあっという間に自分のお肌に返ってきてしまいますよ。
1日2日くらいいいじゃないか、と思うかもしれませんが、その油断がお肌にとんでもない負担を与えてしまっているんです!

化粧したまま寝るとどうなるの?

化粧したまま寝ること、それは、雑巾を顔に乗せて寝ているのと一緒。そんな風に言われているの知っていましたか?

化粧したまま寝ると、化粧の油分と顔の皮脂が酸化して、過酸化油脂という刺激物質に変わります。
文字通りこの物質は肌に悪い刺激を与え続け、シミやシワの原因となって続けているとどんどん肌の高齢化が進んでいきます。
毎日化粧したまま寝ていると、数年後と言わず、数か月後には10歳老け込んでしまう、なんて恐ろしい事態も引き起こしかねません。

もし化粧したまま寝てしまったらどうしたらいいの?

それでも、人間ですから、自分の意志ではどうにもならずそのまま眠らざるを得ない時が多々あることでしょう。
よくはありませんが、そうなってしまった場合は、やはり翌日のケアが大事になってきます。

なるべく早くクレンジングをして、よく泡立てた洗顔料で丁寧に顔を洗いましょう。
弾力があり吸着の良い洗顔料を使用することをお勧めします。
もちろん、そのあとのスキンケアもいつも以上に丁寧にしっかりと行いましょう。
冷やしたパックなども毛穴を引き締めてくれるのでおすすめです。

メイク落としや基本的なスキンケアなど、日ごろのお手入れをしっかりするところから、若々しいお肌づくりが始まっていきますよ。

関連記事