スキンケアは丁寧な暮らしから。その心がけが美肌を作り出す

スキンケアは丁寧な暮らしから。その心がけが美肌を作り出す

スキンケアにこだわるなら、丁寧な暮らしにもこだわらなくちゃ!その心がけをご紹介します。

スキンケアは道具を清潔にするところから始めて。その一手間が美肌につながる

美BEAUTEを読んでいる皆さんは美肌を目指し、スキンケアに力を入れている方も多いのではないでしょうか。
ですが、美肌を目指すなら、もう一つ目を向けて欲しいことがあるのです。
それは肌に触れる道具のこと。
毎日お化粧をする時に使っているそのブラシ、そのスポンジ、それから、手。
清潔にしていますか?
いくらお肌にお金をかけたって、肌に触れるものが汚れていれば、そこから肌にダメージが行くことも。

「肌に触れるものは清潔に」が鉄則!スキンケアの一環としてチェックして

例えば、肌に直接触れるメイクブラシは、無水エタノールで洗浄してからしっかり乾燥。
ファンデーションスポンジは石鹸や専用クリーナーなどでもみ込んでみましょう。
また、肌と繋がっている頭皮を刺戟する、ヘアブラシだって定期的な洗浄が大切。シャンプーをいれた洗面器に一晩つけて、汚れを落として。
それだけでなく、バスタオルやフェイスタオル、枕カバーなんかも清潔にしておくことが鉄則。
もちろん、メイク落としやスキンケアをする前には手をしっかりと洗って清潔に。
今すぐ日常生活で使っている肌に触れているものを見直して、清潔を保ちましょう。
スキンケアは丁寧な暮らしから。その心がけが美肌を作り出す。

美肌は丁寧な暮らしが作り出す。外側からばかりのスキンケアは卒業して

高価な美容液や化粧水。
お金をかけて新しいことをするだけでなく、今あるものを大切に扱うこと。
それが美肌をつくり出す大切な第一歩。
煩わしい一手間なのかもしれませんが、道具を洗っているそんな時間は不思議と心が落ち着き、その日の心の余裕を作り出してくれます。
その心がけがその人を美しくしていく、そんな内側からあふれる美しさこそが、美BEAUTE世代が目指したい美肌なのかも。

関連記事