止められない…生理中のイライラは体内の○○不足が原因

止められない…生理中のイライラは体内の○○不足が原因

生理中に起こる気持ちの苛立ち、実はある成分が不足していることが原因かもしれません。食事に気を配ることで、無駄なイライラをなくしましょう。

生理中のイライラ、その原因は…

生理中のイライラ、辛い…!
生理前に無性にイライラしてくるのは、PMS(月経前症候群)の一種です。しかし、いざ月経が始まっても気分が収まらないときは、何か別の理由が考えられます。

実は、生理中の苛立ちは鉄分の不足が原因であることが多いんです。ご存知の通り、生理が始まると体外に多量の月経血が排出されて鉄分を失います。鉄分は体内での合成が不可能で、食物からしか摂取することができないため、どうしても生理中は不足してしまいがちなんです。

鉄分はストレスの解消に不可欠なノルアドレナリンやセロトニンの生成に必要な成分なので、不足するとイライラしてしまう仕組みになっています。

生理前から食べたい、鉄分を含む食品

というわけで、生理中のイライラを抑えるためには、生理が始まる前から鉄分を意識して摂取しておくことが大切です。ほんの一例ですが、鉄分を豊富に含む食品には、こういったものがあります。

●ヒジキ
●大豆
●お肉(牛・豚・鶏)
●レバー
●ほうれん草

また、鉄分の吸収を高めるビタミンCも一緒に摂ることをおすすめします。ビタミンCを含む食品といえば野菜や果物ですが、以下の食品は特に多く含んでいます。

●ピーマン、パプリカ
●ブロッコリー
●ゴーヤ
●いちご
●ハム(豚肉)

こうした栄養素は食べ物から摂取するのがベストですが、足りない場合はサプリなども使ってしっかり補給しましょう。
関連キーワード

関連記事