スマホの使いすぎで?スマホ老眼って聞いたことありますか?

スマホの使いすぎで?スマホ老眼って聞いたことありますか?

スマホはとても便利で、生活に欠かせない物ですよね。でも、このスマホの使いすぎが原因でスマホ老眼になる人が増えているんです!

スマホが原因?スマホ老眼とは?

老眼と聞いて、何歳くらいから症状が出てくると思いますか?
まだまだ先の話だと思われている方も多いと思います。
確かに、年齢が高くなれば老眼になる可能性も高くなりますが、何歳から老眼になるという明確な年齢はありません。
しかし、最近ではスマホやパソコンなどが原因で20代や30代から老眼の症状が起こる場合があります。
スマホ老眼とはスマホやパソコンなどを使うときに画面から生じる有害な光を目の近くで長時間見続けることによって起こる老眼の症状に似た目の病気です。
スマホ老眼は20代を中心とした若い人の間で急激に増えている病気で、早ければ10代前半くらいから症状が現れることがあります。

スマホ老眼の症状に当てはまるものはありますか?

・近くの字を見る時にピントが合わない
・遠くはよく見えるのに近くがよく見えず疲れてしまう
・小さい字を見る時は、少し遠くに離すと見えやすい
・スマホやパソコンで文字を読んでいると目が疲れやすい
・画面の文字がゆがんで見える
・スマホやパソコンを1日5時間以上使っている
・まぶたがピクピクと痙攣する
・肩こりや頭痛がある
・上を向くと首に痛みや違和感を感じる
・猫背
・目がかすむ
・ドライアイ

いくつ当てはまりましたか?
これらの症状がある場合、スマホ老眼の可能性があります。
目がよく見えないと目の疲れが溜まりやすくなり、頭痛を引き起こしたり、姿勢が悪くなってしまったりしますよね。
いくら日頃美容に気を遣っていても、こうなってしまっては元も子もありません。

スマホ老眼を予防するには?

◯スマホやPCとの距離は40cm
気づいたらスマホやPCからの距離が近くなっていることはありませんか?
スマホやPCから発するブルーライトが目に与える負担は、とても大きく一定の時間ごとに画面から目を離し遠くを見るように心掛けることが大切です。
ピントが近いと目が疲れてしまうため、画面との距離を40cmほど離すのが理想です。

◯目を休ませる
長時間、スマホやPCを見る時はこまめに休憩を取りましょう。
目安は1~2時間に10分程度を目安に目を休ませてください。
その時、ホットタオルなどで目を温めて血行を良くすると目の疲れが取れて楽になります。

◯意識的にまばたきをする
集中して画面を見ると、まばたきの回数が少なくなりドライアイの原因にもなります。
ドライアイになると、目が乾くだけでなく目の表面の角膜などに傷が付いてしまいます。
適度に休憩を取ったり、意識的にまばたきをするなど目の潤いを保つようにしましょう。

◯規則正しい生活を行う
若年性老眼を予防するためには、日中に酷使した目の疲れを取ることが大切です。
目の疲れを取るためには、細胞の修復が行われる午後10時から午前3時の間はしっかり就寝しましょう。

◯目の周りの筋肉をほぐす
目の周りの筋肉をほぐして血行を促進する、とても簡単なトレーニングです。
目をギュッと閉じて、パッと開けるという動作を2秒ずつ繰り返します。
このトレーニングを1日5回程度行なってください。

私達の生活に欠かせないスマホやパソコンが原因で、年齢に関係なく老眼になってしまうなんて驚きますよね。
もちろん、今はまったく症状の無い方でも、ご紹介した目の周りの体操や毎日の心がけは、美容や健康面にも良い影響を与えてくれるのでおすすめですよ。
今の時代、スマホやパソコンと上手く付き合っていくことを心がけましょう。
関連キーワード

関連記事