健康美人は「良い汗」をかく!夏前に知っておきたい汗のあれこれ

健康美人は「良い汗」をかく!夏前に知っておきたい汗のあれこれ

あなたが普段かく汗は「良い汗」?それとも「悪い汗」?
夏の健康美人を目指す為に知っておきたい、汗についての情報をお届けします!

それって良い汗?悪い汗?健康的な汗とは

汗をかいている私って恥ずかしい…。
腋の下にできる染みを見られたくない!
自分では分からないけど、私、変な臭いしているかも?

誰でも一度は、こんな思いをしたことがあるのではないでしょうか。

体幹と身体中の筋肉を使って、着物で踊る日本舞踊もたくさん汗をかきます。
それこそ夏は、襦袢がぺったり肌にくっついてしまうことも。

だけど汗にも、さらっとしているものとそうでないもの、そして、臭いのするものと無臭に近いものがありますよね。
汗の臭いも、健康の1つのバロメーターになるのだそうです。

汗をかかないとどうなるの?

そもそも汗は、体温が急激に上がったり下がったりしないよう、調節をしてくれる役割を担っています。
暑い日や発熱時などは発汗を促し、健康的な生活を送る為のサポートをしてくれます。
もしも汗をかかなければ、身体に熱がこもり体温調整がうまくできません。
最悪の場合、命の危険にもつながります。

最近はデオドラントスプレー等を駆使して、必死で汗をかかないようにする人が増えています。
でも、汗をかくこと自体は、決して悪いことではありません。
そう、大切なのは「汗の質」なんです。

夏バテは悪い汗が原因!?

汗は、血中のミネラル分と水分が汗腺にとりこまれることで作られます。
血中にミネラル分が再吸収され、水分だけが汗として出ている状態、これがいわゆる「良い汗」です。
身体の全体に分布しているエクリン腺から出るこの汗の特徴は、ほとんど水分なのでさらっとしていて、ほぼ無臭なところ。

でも、あまり運動をせず、「クーラー病」と呼ばれるような冷房依存の生活等をしていると、このサイクルにある変化が表れます。
汗腺や交感神経の機能が弱まり、ミネラル分が吸収されず汗となって流れ出てしまうんです。
これが「悪い汗」と呼ばれるもの。
健康的な身体にとって大切なミネラルが不足すると、内臓の機能が弱まり、夏バテなどさまざまな体調不良を引き起こすと言われています。

「質の良い汗」に変えていくために

汗は血液からできています。
また、筋肉と同じで、発汗の機能は使わないと衰えていきます。

綺麗な血液が循環するよう、体内環境を整えてあげること。
適度な汗をかき、発汗を促してあげること。
健康美人になる為に、この夏は適度に「良い汗」をかく生活習慣を心がけてみてはいかがでしょうか。
関連キーワード

関連記事