誰でもできる! 食べ方を意識するだけの簡単ダイエット!

誰でもできる! 食べ方を意識するだけの簡単ダイエット!

食事制限、運動…ダイエットに必要なさまざまな我慢がなかなかできないあなたに。もうちょっと楽にゆる〜くダイエット始めませんか?

食べる時にちょっと気を使うだけ! 無理なく簡単ダイエットをご紹介!

冬の間サボってしまったボディチェックが春になりあからさまに出てしまいがち。
いつでも春が来て良いように、今から準備しておくのが一番ですね。
でも、ダイエットってそもそも長続きしない…。やる気が出ないとなかなかスタートできない。なんて方は多いのでは?
食事制限や、運動が必要だからと少しかまえてしまいがちなあなたに、もっと簡単で、もっとゆる〜くできるダイエット方法を教えます!

1. 食べる順番

まず、最近でも話題となっている食べる順番。
私たちのカラダは、食事の際に血糖値が上がると、それを下げようとして膵臓から「脂肪を作るインシュリン」が分泌されてしまいます。
これの繰り返しで脂肪ができやすいカラダになってしまうのです。
ですので、なるべく血糖値をゆるやかに上げながら食べるのがコツとなってくるのです。
血糖値が高い食事を続けると、食べる量が増えるというデータもあり要注意です!

☆この時に救世主となるのが「低GI食品」
GIとは血糖指数という意味で、炭水化物を食べた後の血糖値の上がる速さを示した指数のことをいいます。この値が低いほど、血糖値が緩やかに上がると言われているため「低GI食品」から食べるようにするのが良いでしょう。
また「低GI食品」には食後に眠くなりにくくなったり、便秘解消、空腹になりにくいといったベネフィットもあるので、ダイエットに関係なくとても健康的で良い食品です。

☆黄金の順番「食物繊維→たんぱく質→炭水化物」
食事をする際に気をつける順番はまず食物繊維が先!なぜなら血糖値の上昇を避けるものに、食物繊維があるからです。
食物繊維の中でも特に注目なのが「水溶性食物繊維」。これは納豆やオクラなどネバネバとしたし食べ物のことで、血糖値を上げるのをより防いでくれます。さらにこれらの食べ物は消化や吸収を穏やかにしてくれるため、カラダにもとても優しいです。
炭水化物は最も血糖値を上げるので、一番最後に食べるようにしましょう!


2, よく噛む
噛めば噛むほどヤセ体質になりやすくなります。
まず、よく噛むことにより満腹中枢が刺激されるので、今まで食べていた量より少ない状態でもおなかいっぱい、と感じやすくなります。
腹八分目という言葉があるように、やはり食べる量も満腹よりも少し少ない方が◎。
全体的に食べる量が減れば、食べ過ぎ防止にも役立ちます。
よく噛み、腹八分目でストップできるようにしてみましょう!

3. 食べる時間帯
食べ方にも気を使いながら、さらに食事の時間帯にも気を使ってダブルの効果を狙いましょう!
人間のカラダは脂肪のつき方にも時間帯にもOKな時とNGな時があります。
【OK】昼の3時
【NG】夜の10時から夜中の2時
昼は脂肪が燃焼されやすく、夜はエネルギーをため込む働きが強くなるため、なるべく夜10時以降の食事を避け、その代わり昼間3時までの食事にまわすようにしましょう!

いかがでしょうか?特に何も食事制限せず、運動いらずで痩せ体質に変えることができるんです!
ぜひ今日から実践し、春までに痩せ体型の準備をしましょう!

関連記事