夏の美肌美人は知っている!? 日焼けとスキンケアの「いろは」

夏の美肌美人は知っている!? 日焼けとスキンケアの「いろは」

シミやくすみの予備軍は、目には見えません。出てきてからでは遅いんです。
美肌美人でいたいあなたに、日焼けとスキンケアのいろはをお届けします!

日焼け止めが、美肌のためのスキンケアに欠かせない理由

日焼け止めには、主に3つの役割があります。
・紫外線(UV-A)(UV-B)をブロックする 
・肌の老化を防ぐ
・日焼けによる炎症を防ぐ

UV-Aは肌の炎症や日焼けを引き起こし、シミ・シワ・たるみなどいわゆる「光老化」の原因となる紫外線です。
地表に届く全紫外線のうち約95%がUV-Aと言われています。
かなりコワイ紫外線で、雲やガラスを通過して肌の奥の真皮層まで影響を及ぼすため、油断をしていると日常生活でも「うっかり焼け」をしてしまいます。
よく、曇りの日でも日焼け止めを塗った方がいいと言われているのはこのため。

残りの5%を占めると言われているUV-Bは、直接日射しを浴びることで日焼けやシミ、そばかすの原因となる紫外線です。
ほとんどが肌の表面で吸収されるので真皮層への影響は少ないですが、たとえ短時間でも日焼けや肌の炎症を引き起こすと言われています。
日陰や屋内で過ごすようにするなど、対策が必要となります。

日焼けにまつわる今さら聞けない話、PAとSPFの違いって?

スキンケアにこだわる人は知っている、PAとSPEの違い。
あなたは知っていますか?

・PA(プロテクショングレイドオブUV-A)
シミ、シワ、たるみなどの原因となる紫外線UV-Aから、肌を守ってくれる効果が期待できます。
また、現在PA値は「PA+」~「PA++++」までのランクに分かれており、+の多さに対して効果が高くなることを示しています。

・SPF(サンプロテクションファクター)
日焼けや炎症、シミやそばかすの原因となる紫外線UV-Bから、肌を守ってくれる効果が期待できます。

紫外線を浴びてから、肌に赤い斑点のようなものが表れることを「紅斑」といいます。
聞き慣れない言葉だと思いますが、肌に炎症が起きている状態のことです。
この状態になるまでだいたい20分程度と言われていますが、時間には個人差があります。

そこで勘違いしやすいのが、SPFの効果について。
たとえば、SPF30を単純計算すると、20分×30=600分。
つまり一度つければ10時間は紫外線UV-Bを防いでくれる、と思ってしまいがち。
ですが、紫外線を浴びて10分で「紅斑」になる人と20分でなる人とでは、当然のことながら時間が異なってきます。

SPFは、紫外線UV-Bから肌をプロテクトする「時間」というよりは、強さであり「防御力」を表したものだと考えてください。
SPF25であれば25倍、SPF50であれば50倍「紅斑」になるのを「遅らせることができる」というのが、SPF数値の本来の見方です。

日焼け止めでスキンケア、使い分けは必要?

よく「SPFの数値の高いものは肌を乾燥しやすくするから、普段使いとレジャー用とで使い分けた方がいい」というのを耳にします。
ですが、太陽の活躍する夏の時期などは、家から駅までの往復だけでも、毎日かなりの日射しを浴びることになりますよね。 

「塵も積もれば山となる」と言いますが、日々の蓄積が未来の肌を形作っていきます。
幸い今は、ダブル洗顔がいらなかったり、美容液成分90%以上配合だったりと、より肌に優しいクレンジングジェルなども発売されています。 
クレンジングと保湿にいつもより少し気をつけて、日焼け止めは数値の高いものを使う方がより安心でおすすめです。

日焼け止めはどのくらいが適量なの?

せっかくの日焼け止めも、適量を塗らなければ十分な効果は望めません。
一回の適切な分量としては、手の平に乗せた時のサイズが500円玉くらいの大きさ、0.6~0.8g程度と言われています。 

これ、実際に出してみると分かるのですが、意外と多いんです。
白く浮いてしまう、あるいはつけた箇所のテカリが気になる方は、一気に塗ろうとせず、肌になじませるように数回に分けてつけてみましょう。
また、軽くファンデーションやお粉で押さえてあげると、テカリも気にならなくなります。

日焼け止めを塗り直すタイミングは?

数値の高い日焼け止めでも、一度塗ったら丸1日もつというわけではありません。
美肌を保つために覚えていてほしいのは、2~3時間おきに塗り直すということ。
特に夏の時期は汗もかきやすく、皮脂や化粧崩れによって日焼け止めが落ちてしまうため、しっかりプロテクトするには、数時間毎に塗ってあげることが必要です。

なお、ウォータープルーフは耐水性の良さを特徴としていますが、100%水を遮断するわけではありません。
入水した場合の目安では、約80分で効果が薄まるといわれています。
海やプールで遊びたい、だけど焼きたくないという方は、1時間おきに塗り直すくらいの気持ちでいたほうが良いかもしれません。

いかがでしたか?
日焼け対策をしっかりとおこない、この夏はスキンケアに磨きをかけていきましょう!

関連記事