夏バテ解消のカギは腸内環境にある!?

夏バテ解消のカギは腸内環境にある!?

暑くなってきて夏バテ気味ではありませんか?その原因は腸内環境にあります!腸内環境を改善して元気に夏を過ごしましょう!

夏バテと腸内環境の関係とは?

夏バテと聞くと、夏の暑さが原因だと思いませんか?
その他にも慢性的な脱水状態、寝不足、身体の冷え、栄養不足など様々な要因から夏バテを引き起こしています。
でも、腸内環境を整えるだけで夏バテが解消出来ちゃうんです!
夏は、外は暑く室内はクーラーなどで寒かったり、暑いので冷たい飲み物を飲んだりしますよね。
これが原因で内蔵が冷やされて働きが悪くなり、便秘や下痢の原因になってしまいます。
この状態が続くと腸の機能が落ちてしまい、悪玉菌が優位の腸内環境になってしまいます。
みなさん、血液は腸で作られるという話は耳にしたことがありますか?
つまり、腸内環境が悪玉菌優位になると汚い血が全身を巡る事となり、肌荒れや肩こり、疲れが取れないと言った症状が表れます。
また、新陳代謝が落ちるので免疫力が低下し、体調を崩しやすくなり夏バテしやすくなります。

夏バテしにくい腸内環境を作ろう!

腸内環境を整える食材のポイントは、「乳酸菌」「オリゴ糖」「食物繊維」です。
乳酸菌と聞くと動物性乳酸菌のヨーグルトを思い浮かべませんか?
乳酸菌はヨーグルトの他にも植物性乳酸菌の納豆、味噌、ぬか漬けなどの発酵食品に多く含まれています。
ヨーグルトなどの動物性乳酸菌は胃酸などに弱く生きて腸内まで届きにくいので、プロバイオティクスと呼ばれる機能性ヨーグルトをオススメします。
また、ヨーグルトは乳酸菌の餌になるオリゴ糖と一緒に摂取するとより働きが良くなります。
オリゴ糖が含まれているはちみつやバナナをヨーグルトと一緒に食べるといいですよ!
一方、植物性乳酸菌は胃酸などに強く生きたまま腸内に届くので和食中心の食生活をすると自然と腸内環境を整えられます。

次に食物繊維ですが、食物繊維には2種類あるのはご存じですか?
食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。
不溶性食物繊維は水に溶けない食物繊維で、胃や腸で水分を吸収して大きく膨らまし、便のカサ増しや腸を刺激して蠕動運動を活発にする役割があります。
水溶性食物繊維は水に溶ける食物繊維で、水分の保持力が強く、水に溶けるとドロドロのゲル状に変化し、腸内の有害物質や老廃物を排出しやすくします。
どちらかを沢山摂取するのではなく、バランスがとても大切で、不溶性食物繊維2:水溶性食物繊維1が理想的です。

それでは、どのような食品に含まれているのかご紹介します。

◯乳酸菌
・ヨーグルト・納豆・味噌・醤油・大豆食品・キムチ・ぬか漬け

◯オリゴ糖
・バナナ・はちみつ・りんご

◯食物繊維
水溶性食物繊維
・オクラ・アボカド・山芋・納豆・海藻類・きのこ類

不溶性食物繊維
・ごぼう・玄米・豆類・イモ類

これらの食品をバランスよく摂取すると腸内環境の改善に繋がります。

いかがでしたか?
腸は第2の脳と言われるくらい身体にとって大切な部分です。
腸内環境を整えると夏バテしにくくなるだけでなく、免疫力が上がったり、美肌に繋がったり良い事がいっぱいなんですよ。
この夏は美腸活動をして身も心もスッキリしてみませんか?
関連キーワード

関連記事