食べてもお肌につけてもいい食材、麹の美肌効果がすごい!

食べてもお肌につけてもいい食材、麹の美肌効果がすごい!

みなさん、日本酒造りをする杜氏の手は透き通るように白く、スベスベと潤っていると聞いたことありませんか?その秘密は麹だったんです!

どうして麹には美肌効果があるの?

麹菌の持つ酵素の働きは、高いスキンケア効果が期待できることが近年になって発見されました。
これは日本酒造りで、酒蔵で仕込みを行う杜氏が、厳冬期に素手で水や麹を扱っているにも関わらず、スベスベと潤った手肌を保っていることが発見されたのがきっかけです。
麹とは米を蒸して麹カビをふりかけたものですが、米を麹にすると米になかった成分が約400種類ほど生成されます。
その生成された中に、コウジ酸という成分があります。
このコウジ酸が、シミの原因となるチロシナーゼの活性や合成を阻害してくれるため、メラニンの生成を抑えるのに効果的とされているそうです。
甘麹(甘酒)はビタミンB1、B2、B6、B12、パントテン酸、イノシトール、ビオチンなどが含まれています。ビタミンB2、B6はお肌の保湿やハリを保つ手助けをし、パントテン酸はコラーゲンの育成を助け、ビオチンは粘膜の保護に役立ちお肌を良い状態に保ってくれると言われています。
酒粕には、美白効果が期待できると言われるアルブチンやリノール酸が豊富に含まれています。
しかも、保温効果で毛穴を開き、老廃物を排出しやすくしてくれるので美肌にも良いんだとか。
これらは、食べても直接お肌につけても美肌効果が期待できる素晴らしい食材です!

麹を使った美肌ケアをご紹介します!

ここでは、簡単に今日からでも出来る美肌ケアをご紹介します。

◯甘麹洗顔
よく泡立てた洗顔料に甘麹を少し加えて洗顔してください。
洗い流したあとのお肌がとてもしっとりします。

◯甘麹化粧水
いつも使っている化粧水に甘麹を混ぜ、溶かしてお肌につけます。
多少ベタつくので、夜寝る前のケアで使われることをオススメします。
また化粧水以外にもクリームに混ぜてもお使いいただけます。

◯甘麹パック
甘麹にベビーパウダーを混ぜると少し硬くなるので、それをお肌に塗ります。
5~10分したら洗い流してください。
しっとりとした、ハリのあるお肌に仕上がりますよ。

◯甘麹スクラブ
甘麹に砂糖を加えて、優しくお肌をマッサージしてください。
砂糖がスクラブの役割となり、甘麹の保湿成分との相乗効果で、お肌をしっとりツルツルに仕上げてくれます。

◯酒粕風呂
ガーゼや布に酒粕を300gほど入れて、湯船で揉みほぐしてください。
酒粕の成分がたっぷり溶け出した美容成分に良いにごり湯が楽しめます。
この酒粕風呂ですが、とても簡単ですが湯冷めしにくいというメリットもあるのでオススメです。

いかがでしたか?
美容や健康に良いと言われる甘麹(甘酒)や酒粕などですが、食品として口にしたことがある方は多いと思います。
でも、お肌につけても美肌効果が期待できるなんて大変優れた食材ですよね。
それに、甘麹(甘酒)や酒粕などは口にする物なので安心して使えます。
麹のパワーで身体の内側からも外側からも綺麗になりましょう!
関連キーワード

関連記事