プルースト効果?! 女子力の高い人が身にまとう香りとは

プルースト効果?! 女子力の高い人が身にまとう香りとは

香りは、あなたの第一印象を決めるとても大切なもの。
清楚な人、女子力の高い人、憧れの人…。
あなたは、相手からどんな人だと思われたいですか?

女子力を高める香りと記憶の関係~プルースト効果~

「プルースト効果」という言葉、あまり耳馴染みがないかもしれません。
でも、香りを通じて、過去の記憶が鮮やかに呼び覚まされた経験は、誰でも少なからずあるのではないでしょうか。
また、そうして過去の戸棚から引っぱりだされた記憶というのは、えてして切ない思い出とつながっているものです。

フランスの小説家マルセル・プルーストは『失われた時を求めて』という長編小説のなかで、主人公が紅茶にマドレーヌを浸したときに立ち昇った香りをきっかけとして、幼少時代の記憶がまざまざと呼び起こされる場面を描いています。
ここから、香りによるフラッシュバック体験を「プルースト効果」「プルースト現象」などと呼ぶようになったそうです。
また、科学的にも、嗅覚への刺激がより正確な記憶を呼び起こすことが判っています。
この効果を、女子力を高めるために活かせるとしたら。
試してみたくなりませんか?

ちなみに、日本で2007年に公開された映画「パヒューム ある人殺しの物語」のなかでも、香りをテーマにした話が展開していきます。
人にとって、香りと記憶とは切っても切れないものなのかもしれませんね。

女子力を高める香りと記憶との関係~好感をもたれる香り~

人によって、好きな香り、苦手な香りというのはさまざま。
相手の好みをリサーチするのは大変です。
ですが、好感をもたれる香り、相手から女子力が高い、と思われる香りには、おおむね共通しているポイントがあります。

それは「柔軟剤などの自然なやわらかい香り」や「石鹸の香り」です。
柔軟剤や石鹸には、清潔感のあるイメージや清浄なイメージがあります。
テレビのCMでも、白を基調としたカラーを使って宣伝するのは、このイメージの力を最大限に活用するためだとか。

なお、個人的にオススメなのは「ローズの香り」です。
ローズの香りには、リラックス効果や美肌効果、ホルモンバランスを整える効果などが期待でき、、口臭や体臭を抑制してくれるなど、女性に嬉しい美容パワーがたくさん。
また、シャンプー剤やボディオイルなど、香水以外にもさまざまな方法で身にまとうことができます。
自分に合ったつけ方が選べるのは嬉しいところですよね。

香りを上手に活用するには

では、香りを効果的に記憶と結びつけるにはどうしたらいいのでしょうか。ポイントは2つ。
「毎日、同じ香りを身にまとって出かける」ことと「馴染みのある香りを選ぶ」こと。

柔軟剤や石鹸もそうですが、ローズも人々に広く親しまれている香りです。
毎日同じ香りをつけることで、相手はそれが「あなたの香り」だと記憶します。
そして、あなたと会っていない時でも、たとえば街中で同じ香りをつけた人とすれ違うと、あなたのことを思い出します。

人は、会う回数や相手を思い出す回数に比例して好意を抱いていくと言われています。
遠距離恋愛が続きにくいと言われているのも、このことが関係しているのかもしれませんね。

自分のお気に入りの香りを身につけることで気分が良くなり、自然と口角も上がります。
無理のない笑顔は、相手の心をやわらかくほぐしてくれます。
あなたの女子力を高める、あなただけのお気に入りを1つ決めて、身にまとってみてはいかがでしょうか。
関連キーワード

関連記事