朝シャンで薄毛になるって本当?美髪の為に知っておきたい事

朝シャンで薄毛になるって本当?美髪の為に知っておきたい事

「朝シャンを続けると薄毛になる」という噂、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。それって嘘?本当?美髪の為に知っておきたい、噂の裏側。

朝シャン派は夜をさぼる?美髪から遠ざかる習慣とは

疲れて帰ってきた夜は、メイクだけ落としてベッドにダイブ。
「明日の朝入ればいいや」と、夜お風呂に入らない習慣がついている人も、少なからずいるのではないでしょうか。

実は頭皮には、毛根内の脂肪分を掃除してくれる「皮膚ダニ」がいます。
1日の汚れを洗い流さず寝てしまうと、このダニが就寝中に異常繁殖する可能性が高くなるのです。
また、ダニの餌となる雑菌も増え頭皮が炎症を起こしやすくなるので、結果として頭皮環境が悪くなり、臭いやフケ、抜け毛などの原因につながります。
どんなに普段美容に気を配り、サプリメントなどを摂取していたとしても、夜シャンプーをしないだけで美髪から遠ざかってしまうのです。

眠っているときに、頭皮中を駆けまわる繁殖したダニたち…想像するだけで、なんだか頭がむずむずしてきませんか?

朝シャンを続けるとどうなるの?

就寝中、私たちの頭は、日中の紫外線から頭皮を守る為の皮脂を分泌してくれます。
ところが、朝シャンをするとこの皮脂が洗い流され、外部からの刺激をダイレクトに受けてしまうことに。
また、起きたばかりの頭皮は毛穴が開いた状態です。そこにシャンプー剤が入りこむと強い刺激を与えてしまい、頭皮トラブルの元になります。
さらに、時間のない朝のシャンプーはつい雑になりがちです。
すすぎ残しなどがあると、頭皮の荒れる原因にもつながります。

日々のダメージが積もり積もって頭皮環境を悪化させてしまうと、髪が抜けやすくなり薄毛の原因になってしまいます。
美髪の為に、頭皮の良好な状態を保つことが大切なのは言うまでもないですよね。

朝シャンと夜シャン、一日2回すれば安心なの?

夜はちゃんとお風呂で汗を流している。
でも翌朝も寝グセを直したいし、ふんわりシャンプーの良い香りで出かけたい。
だから、夜と朝それぞれシャンプーしている、という方。
女子力の高い人や清潔感のある人ほど、この「1日2回シャンプー」をすることが多いのではないでしょうか。

確かに、夜しっかり洗い流してしまえば、雑菌や皮膚ダニの繁殖の心配はありません。
美髪にするためには、洗わないよりまめに洗髪してあげたくなる気持ちもわかります。

ですが、洗いすぎも頭皮にはストレスの元。
洗いすぎてしまうと、頭皮はより皮脂を分泌して乾燥から守ろうとします。
それは、結果として「皮脂の過剰分泌」を引き起こしてしまうことに。
この、乾燥と皮脂(油)が交互にやってくるスパイラルに入りこんでしまうと、頭皮環境はますます悪化し、頭皮ニキビと呼ばれるブツブツまでできるようになります。

綺麗になりたいという想いがかえって逆効果となってしまうのです。

朝シャン習慣を夜シャンへ変えていこう

私たちを取り巻く環境はさまざまですが、仕事、友人付き合い、そしてオシャレに美容と、とにかくせわしいものですよね。
ついつい夜のお風呂をパスして、翌朝に回してしまいがち。

だけど、その間に頭皮のなかで起こっていることに想像を働かせたら…。
帰ってきたらくつろぐ前にすぐお風呂場に直行する。
朝シャンをした日は髪に良い食べ物を積極的に食べるようにする。
こんな風に少しずつ習慣を見直していくと、朝シャン習慣が夜シャン習慣へと変わっていくかもしれません。
本当に髪に良い生活習慣を身につけていきましょう!
関連キーワード

関連記事