コーヒーに意外な○○をちょい足しで1日1杯ダイエット!

コーヒーに意外な○○をちょい足しで1日1杯ダイエット!

コーヒーがダイエットにいいことは多くの女性がご存知だと思います。しかし、そのコーヒーにあるものを足すとダイエット効果が増すんです!

コーヒーダイエットとは

コーヒーの中に含まれているクロロゲン酸とカフェインという成分には脂肪燃焼の促進させる効果があると言われています。また、カフェインには血行を良くする働きがあるので、コーヒーを飲むことにより血の巡りが良くなり基礎代謝が高まるので、冷え・肩こり・むくみなどにも効果的とされています。

ダイエットに縁遠い「バター」

そのコーヒーにちょい足ししてほしいもの。それはズバリ「バター」です。
バターと聞くと、カロリーが高く、ダイエットには縁遠いものと思いますよね。
しかしバターの不和脂肪酸という成分は血液中のコレステロールや中性脂肪を抑えて血液の流れを良くする効果があります。
コーヒーにバターを少し入れることにより、カフェインと不和脂肪酸の効果がお互いを高めあい、血液の流れを良くし、脂肪を溜め込みにくくしてくれるのです。そのため、高いダイエット効果が期待できます。

ダイエット中の方におすすめしたいグラスフェッドバター

コーヒーに入れるバターがどんなものでもいいわけではありません。
「グラスフェッドバター」を使用すると良いでしょう。「グラスフェッドバター」は、無農薬で育った牧草だけを食べながら飼育された牛から搾ったミルクを使用している無塩バターで、不和脂肪酸を豊富に含んでいます。日本ではなかなか手に入りませんが、日本の牛のほとんどが穀物飼料を食べて育っていることを考えたら「グラスフェッドバター」がいかに栄養価が高く、身体に優しいのかはおわかりになると思います。また、フレッシュミルクやお砂糖を入れなくてもコーヒーにコクがでるので、カロリーを抑えることもできます。

バターコーヒーでダイエット!

淹れたてのブラックコーヒーに約10gのバターを入れて、よく混ぜて完全に溶かしてください。
しっかり良くかき混ぜることでバターが分解され、バターの成分が体内に入った時に効率よくエネルギーに変わることができます。エネルギーに変わらなかった成分は、脂肪となって体にたまってしまうので、完全に溶けるまで飲まないでくださいね。
脂肪燃焼効果の期待できるこのコーヒーを、朝目覚めた時に飲んでください。身体に吸収されやすくなるのでその日1日を高い基礎代謝のまま過ごすことができますよ。
しかし、やはりバターを入れている分カロリーは高くなっているので1日1杯がベストでしょう。

関連記事