あなたは大丈夫?バスタイムの【シャンプー】NG習慣

あなたは大丈夫?バスタイムの【シャンプー】NG習慣

毎日のバスタイム。無意識に行っているケアが、かえってあなたを美髪から遠ざけているかも?シャンプーにまつわるNG習慣をチェック。

バスタイムのNG習慣~シャンプーの前~

美容と休息に欠かせない毎日のバスタイム。
シャンプーは髪や頭皮を清潔にするためのケアですが、アプローチを間違えてしまうと傷みの原因や逆効果になってしまうことも。
次のNG習慣の中で当てはまるものがないか、チェックしてみてください。

【1】ブラッシングしないまま髪を濡らす
服を脱いで、そのままお風呂場に直行している方は、ブラシを持って行きましょう。
髪を濡らす前のブラッシング。このひと手間が、実はとても大切なんです。

シャンプー前のブラッシングには、次の3つの役割があると言われています。
・ホコリやフケ、頭皮の汚れなどを浮き立たせる
・髪の絡まりをほぐし、洗髪時の必要以上の抜け毛を防ぐ
・頭皮への適度な刺激によるマッサージ効果が期待できる

ブラッシングの時間は、だいたい1分くらいかけて丁寧に行うのが目安。
また、目の細かいブラシより、少し粗いブラシの方が適していると言われています。


【2】髪や頭皮を十分に濡らさないまま、シャンプー剤をつける
皆さんはシャンプーをする前に、どのくらいの時間、髪の毛や頭皮をすすいでいますか?
計ってみたら「思っていたより短かった!」と思われる方、多いのではないでしょうか。
実は、1日の頭皮の汚れや皮脂などは、髪を濡らす最初の段階で7~8割を洗い流すことができると言われています。

そこで、すすぎの際の3つのポイント。
・適温のお湯(38°前後)であること
・最低でも1~2分はすすぐこと
・髪の毛だけでなく頭皮にも水分を含ませるよう、しっかり濡らしてあげること

熱いお湯での刺激は、キューティクルが立ちあがり毛穴が開いてしまう原因となります。
そこにシャンプー剤が入りこむと過度な刺激を与えてしまうことになり、ぼわっと広がったまとまりのない髪になってしまうことも。
適温で、丁寧に全体をすすいであげることが大切です。

バスタイムのNG習慣~シャンプーの最中~

【3】シャンプー剤を手にとってそのまま髪の毛につける
男性に多いのが、シャンプーの原液を手に出して泡立てずにつけるやり方ですが、意外と女性にもこのタイプのつけ方をする人は少なくないようです。
ですが、シャンプーの直付けはバスタイムのNG習慣の1つ。
シャンプーをするときは「泡立てて洗う」ことがとても大切です。

では、どのように泡立てるのが良いのでしょうか。
ポイントは2つ。
「適量(自分の髪の長さに合う分だけ)」を使い、そして「もこもこの泡をつくる」こと。

シャンプーの適量については、次の量を目安にしてみてください。
・ショート…半プッシュ
・顎ラインのボブ~肩の長さ…1~1.5プッシュ
・肩ライン~胸の長さ…2プッシュ
・胸下のロング…3プッシュ

まず、適量を手にとったら、少しお湯を加えてしっかり泡立てます。
この時、うまく泡立てられない場合は、洗顔用の泡立てネットを活用するのがオススメです。

キメの細かい泡は、クッションとなって髪の毛を包みこむように優しく洗ってくれます。
逆に、原液のまま髪の毛にのせてしまうと、頭皮への必要以上な刺激になり、すすぎ残しの原因になってしまうのだとか。
頭皮も、顔と同じくデリケートなもの。
もこもこの泡をしっかり泡立ててから優しく洗ってあげてください。


【4】爪を立てて洗う
頭皮はデリケートなので、爪の部分で洗ってしまうと地肌を傷める原因につながります。
指の腹で、頭皮全体をマッサージするように優しくもみ洗いしていくのがポイント。
感覚としては、5本の指の腹で頭を軽くつかむようなイメージです。

また、生え際から頭頂部に向かい下から上に洗っていくことで、リフトアップの効果も期待できると言われています。
シャンプー時間としては、長くても1分くらいが目安です。

バスタイムのNG習慣~シャンプーの後~

【5】流すとき、顔を下に向けて洗っている
顔を下に向けうつむいた状態でシャンプーを洗い流すと、頭頂部のすすぎ残しの原因になってしまいます。
シャンプー後のすすぎは、顔を上に向けてするのがオススメです。
ただし、無理に首を伸ばして上を向くのは肩にも首にも負担がかかるので、軽く上を向くくらいで十分です。
ちなみに、身体を洗ってからシャンプーをすると、背中にシャンプー剤が残りやすく、背中ニキビなど肌トラブルの原因にもなりやすいので気をつけて。

シャンプー後のすすぎ方のポイントですが、まず、髪についている泡を手で切って先に落としておくこと。
これにより、すすぎ時間を短くできます。
また、シャワーを使う場合は、すすぎ残しを防ぐための方法として、シャワーヘッドを頭皮に密着させて洗うやり方がオススメ。
お湯の温度に気をつけて火傷をしないように洗ってあげてくださいね。
なお、シャンプー前のすすぎと同じく、洗い流すために十分な時間をかけてあげることも大切なポイントです。

いかがでしたか?
バスタイムのNG習慣を回避して、美髪のためにトラブルの少ない環境を整えていきましょう!

関連記事