美眉は作れる?印象をガラリと変える理想的な眉毛とは

美眉は作れる?印象をガラリと変える理想的な眉毛とは

眉毛で顔の印象が変わるとよく耳にしますね。アイブロウの使い方によっては、理想的な美眉を手に入れることだってできるんです!

自分にとっての理想的な眉毛とは?

どんなに時間をかけてメイクをしても、眉毛が変だと全体的に垢抜けない不自然な印象になってしまいますよね。
人によって似合う眉毛の色や形も異なりますし、最近ではリキッドタイプ・ペンシルタイプ・パウダータイプなど、アイブロウの種類も様々で、もう何を選んだら正解なのか分からない、という方も多いのではないでしょうか?
リキッドタイプは描きやすいけれど、濃くなりがちで浮いた印象に。パウダータイプは使いやすいけれど細かい調整ができない…など、それぞれメリットとデメリットがあります。
そこで今日は、どんなアイブロウが自分に合っているか分からなくなってしまった方へ、おすすめのアイブロウの使い方があるのでご紹介します。

場所で使い分ける!? より美しい眉毛に近付く方法

より美しく理想的な眉毛を描きたいなら、場所によってアイブロウの種類を使い分けることをおすすめします。

○リキッドタイプ
このタイプのアイブロウは、先端も細く色もはっきりと出るのでたいへん使いやすいです。しかし、油断してしまうと色が濃くなって気付いたら眉毛だけ顔から浮いている、なんてことも…。このタイプは、主に眉尻を描くときに使用すると良いでしょう。眉頭や眉毛の輪郭を描くのはあまりおすすめしません。

○パウダータイプ
全体的な色味や形を作るのにおすすめです。軽くノーズシャドウを入れながら、眉毛全体になじませていきましょう。眉頭も、このパウダータイプで描くのがおすすめです。ただ、眉頭が濃くボリューミーになってしまうと垢抜けない印象になりがちなので、付け過ぎには注意が必要。トントンと手の甲で余分な粉を落としつつ、眉毛の中心辺りから眉頭にかけてぼかすように付けるのがポイントです。

○ペンシルタイプ
細かい輪郭修正や、眉尻の調整に便利なタイプです。パウダータイプでは行き届かない細部にまでアプローチできるので、眉の輪郭を描く最後の微調整で使えますよ。また、力の加減で濃淡が自在に調整できるのもペンシルタイプの良いところ。リキッドタイプで描いた眉尻をこのペンシルタイプでぼかしたり太さを調整すると、より自然な印象になります。


他にも、ヘアカラーをしている方はマスカラタイプで色味を変えてあげるのも良いでしょう。アイブロウを使い分けることで、より理想的な眉毛を描くことができるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

関連記事