うる肌レシピ♡ 胃腸に負担をかけずに消化アップ

うる肌レシピ♡ 胃腸に負担をかけずに消化アップ

潤いのある肌をつくるためには、スキンケアやエクササイズと同じく、食べ物も重要なポイント。消化吸収を助けるメニューで今日からうる肌をゲット!
美肌のため、実はとても重要なのが、胃腸のケア。胃にやさしく、消化吸収を助けるメニューです!

消化のよいお粥で栄養を温かく胃に届けて

にんじん鶏粥
●にんじん鶏粥●
材料(2人分)
米……1/2合
鶏むねひき肉……100g
にんじんのすりおろし……200g
酒……大さじ1
水……540ml
すりおろしたしょうが……小さじ1
塩……少々
三つ葉……1~2本

<作り方>
①米は研いでざるにあげる。鶏ひき肉に酒を加え、菜箸で練らないようにさっと混ぜる。
②鍋に米とにんじんのすりおろし、水を加えて混ぜて火にかける。沸騰したら①の鶏ひき肉の汁気を切って加えて手早く混ぜ、肉が固まらないようにする。
火を弱めて米がやわらくなるまで30分ほど炊く。
③米がやわらくなったらすりおろしたしょうがと塩少々を加え、軽く混ぜ合わせて火を止めて器に盛る。三つ葉の茎は細かく刻んで散らし、葉を上に飾る。

胃から潤うキー食材はコレ!

【白米】消化吸収を促す米は、胃腸の調子が悪いときはお粥で
【にんじん】βカロテンが肝臓の解毒機能を助け、肌の粘膜も強化
【鶏肉】胃腸の働きを助け、温める。良質なたんぱく質が豊富
【三つ葉】爽やかな香りが気の巡りをよくし、気持ちをリラックス

胃もたれを解消して体の芯からポカポカ!

カリフラワーとタラのミルク煮
●カリフラワーとタラのミルク煮●
材料(2人分)
カリフラワー……1/2株(約150g)
生タラ……2切れ(約200g)
玉ねぎ……1/4個
酒……大さじ1
塩、こしょう……各少々
牛乳……1カップ
水……1カップ
小麦粉……大さじ1
アボカドオイル……大さじ1

<作り方>
① カリフラワーは一口大に切る。タラはさっと流水で洗い、水けを拭き、一口大に切る。塩と酒を振りかけておく。玉ねぎは薄切りにする。
② フライパンを温めてアボカドオイル大さじ1/2を入れ、玉ねぎを加えて炒める。しんなりしたら水を注ぎ、カリフラワーを加えて煮る。沸騰してカリフラワーがやわらくなったら牛乳を加える。再沸騰したら、タラの汁気を拭きとって加える。
③ 小麦粉とアボカドオイル大さじ1/2を混ぜ、タラに火が通ったら②に加え、よく混ぜてとろみがつくまで煮る。こしょうをふり、味を調える。

胃から潤うキー食材はコレ!

【カリフラワー】胃の働きを整え、食欲不振や胃もたれをケア
【タラ】胃と肝機能の働きを高めるので、二日酔いの日も◎
【玉ねぎ】消化促進や胃もたれを改善。体を温め、血行促進効果も
【牛乳】体を潤す作用があり、乾燥肌の改善に効果的

教えてくれたのは

植木もも子さん
管理栄養士、国際中医師、国際中医薬膳管理師。体質や症状に合わせたレシピが人気。『あたため美容部 温活レシピ』(主婦の友社)など著書多数。
料理監修:植木もも子
撮影:宮濱祐美子
スタイリスト:来住昌美
取材・文:田中理恵
構成:高橋 絵里子

関連記事