すっきり背中レッスン♡ 【クロール&背中丸めのポーズ】

すっきり背中レッスン♡ 【クロール&背中丸めのポーズ】

ショーウインドウに映る姿を見る度にげんなりする、背中の丸み。肩甲骨と背骨を意識して動けば、背中美人を目指せる!

美人背中とは?

・肩甲骨を正しい位置で動かせる
・肋骨を動かす呼吸ができる
・背面のすべての筋肉を意識できる

「もっさり背中の一番の原因は、肩甲骨がハの字を描き、そこから動かせないことです」(山本先生)。

肩甲骨は、背骨とほぼ平行の位置にあるのが正常位。そこから外れると、骨格が崩れ、太って見えるという。

「肩甲骨、背骨、肋骨まわりの筋肉を伸ばしながら動かすことで、骨格が整い、背中が美しくなります」

クロールのポーズ

背中を覆う広背筋が硬いままでは、肩甲骨の動きは出ない。しっかり伸ばして刺激を。
クロールのポーズ
正座して上半身を倒す。右腕を左斜め前に伸ばし、体側から脇までを伸ばす。そこから脇の下を覗き込む。これを左右3~5回繰り返す。
POINT
【POINT】右腕は、左斜め前へ伸ばして。水泳のクロールをするときのように。

背中丸めのポーズ

足裏から頭頂部まで、身体の背面を広げて、伸ばすポーズで、背面全体の繋がりを意識。
背中丸めのポーズ1
1. 足を前に出して床に座り、姿勢を整えたら、左足裏を両手で持つ。
背中丸めのポーズ2
2. 足裏で手を蹴りながら、おへそを背骨方向へ引き寄せて。脚の裏から背中が伸びる感覚。

教えてくれたのは

山本邦子先生
アスレティックトレーナー。A-YOGAクリエイター。動きと人動きと人間形成に着目し、動作から教育を行うA-Yogaを考案。近著は『トップアスリートだけが知っている正しい身体のつくり方』(扶桑社新書)。
撮影:嶋田礼奈
ヘアメイク:paku☆chan/THREE PEACE
スタイリング:滝沢真奈
モデル:石坂友里
取材・文:坂本真理
構成:藤平奈那子

VoCE最新号は「dマガジン」でお楽しみ下さい!

VoCE最新号

dマガジン会員の方は「最新号を読む」から是非続きをご覧下さい。

dマガジン非会員の方はまずはお試し!
今なら初回31日間無料「無料トライアル」へ

関連記事