マイナス5キロに見える!肩甲骨を動かすだけダイエット

マイナス5キロに見える!肩甲骨を動かすだけダイエット

薄着になる時に出るデコルテ周りをスッキリさせるコツをご紹介します。

シーズン到来!上半身ダイエットは肩甲骨が鍵!

薄着になってくると気になるのはデコルテ周り。
とくに日々パソコン仕事や家事などをしている美BEAUTE世代の女性は、姿勢の乱れからくるデコルテ周りのライン崩れが気になる方も多いのではないでしょうか。
上半身の姿勢の乱れやデコルテ周りのラインの崩れ、これらのトラブルの元となっているのが「肩甲骨」です。
顔周りの印象付けにも影響してくる肩甲骨の動きの低下は体重の増減以上にその人の印象を変えてしまうことが多いもの。
そこで今回は肩甲骨周りを意識するポーズで、マイナス5キロ見えを目指していきましょう!

美BEAUTE世代は食事制限ダイエットよりも、身体の使い方の意識から

マイナス5キロに見える!肩甲骨を動かすだけダイエット
食事制限をしても、落ちたいところは落ちずに、落ちなくて良いところから落ちてしまうもの。
だからこそ、身体を動かすダイエットを意識していきましょう。

針の穴通しのポーズ
1、 四つん這いになります。
2、 右腕を、左の肩の下に通す。
3、 右側のお尻を少し後ろに引くことで骨盤のラインがまっすぐになることを気をつけながら、吐く息とともに左腕で床を押し、目線は天井の方に向けていく。(反対側も同様)
4、 右側の肩甲骨を意識しながら5呼吸続けましょう。

ゴームカアーサナ(上半身のみ)
1、 息を吸いながら右腕を天井に伸ばし、肘を背中側に曲げる。
2、 左腕で肘を内側に寄せる。
3、 左腕を一度体側に下ろしたらできるだけ後ろに引いてから、右手と握手をする。
4、 肩甲骨を寄せていく意識で5呼吸続ける。(反対側も同様)

現代人に多い肩甲骨周りの筋力低下!肩甲骨ダイエットで美上半身を目指して!

ヨガのレッスンをしていても肩甲骨周りが極端に弱い方が多い印象を受けます。
これは現代の生活習慣から出来上がってしまっているもの。
肩こりや首こり、頭痛にもつながってしまう肩甲骨周りの筋力低下だからこそ、今日から始める肩甲骨ダイエット、挑戦してみませんか?

関連記事