日焼けを楽しむコツ!焼けちゃった…ならば美しく保って!

日焼けを楽しむコツ!焼けちゃった…ならば美しく保って!

日焼けが後々の肌にとって良くないことは分かっていても、楽しい思い出と共に日焼けをしてしまうこともあります。

日焼けしないのが一番だけど…してしまったら美しく保ちたい!

美BEAUTE世代ならば、日焼けが肌にとってご法度なことは当然理解していますよね。
ですが、海外旅行やグランピング…大人の私達にとっても夏は思いっきり楽しみたい行事がたくさん。
だからこそ、うっかり「焼けちゃった…」なんて方もいるはず。
私自身もパークヨガやランニングで去年はすっかり真っ黒に…
こうなってしまったら日焼け肌を美しく見せる為の美容にスイッチ!
思いっきり日焼け肌を楽しみましょう。

日焼け肌を美しく見せるコツ1、アフターケアは何よりも肝心!

日焼けはやけど。特に新陳代謝の下がってきている私たち世代だからこそ若い頃の様に「ほっておいても何とかなった」とはいきません。
まずはしっかり冷やすこと。日焼け後専用のクーリングジェルや冷やした化粧水で冷やしながら水分を補給してあげましょう。
可能であれば1日に何回もつけ直すのがポイントです。
また、水分をしっかり取ってあげるのもポイント。日焼けして水分が失われている体に内側から水分を入れてあげましょう。
日焼けを楽しむコツ!焼けちゃった…ならば美しく保って!

日焼け肌を美しく見せるコツ2、新陳代謝を上げる生活

肌のターンオーバーを促してあげる為にも運動や岩盤浴などでしっかりと汗かくこと。
それから睡眠をしっかりと取り、食事も肌をつくり出すたんぱく質やビタミンを中心に摂取していきましょう。
10代の頃のように新陳代謝のない私たちは意識的に生活を見直してあげることで肌のターンオーバーを正常に行う努力をしましょう。

日焼け肌を美しく見せるコツ3、日焼けにあったメイクと美しい髪は必須!

肌の日焼けをしていると、髪の毛も日焼けしてしまうものなのですが、パサパサの髪は清潔感が失われてしまうポイント。
しっかりと美容院や自宅でケアをして髪の毛は美しく保ちましょう。
また、メイクはファンデーションのトーンを下げたり、チークやリップの色をオレンジ系に変えてみると日焼け肌にぴったりとはまります。
スキンケアをしっかりとすることで得られるツヤ肌が小麦肌をより美しく見せてくれますよ。

いかがでしたでしょうか。
日焼けをしても無理して明るいファンデーションで隠したりせず、してしまった日焼けはきちんと受け入れること。
それも大人の私たちが身につけておきたい大切なスキル。
今年の夏、もしも日焼けをしてしまったのであれば思いっきり楽しむ!そんな夏はいかがでしょうか。

関連記事