次世代糖質オフ「MEC食」で、おなかいっぱいダイエット!?

次世代糖質オフ「MEC食」で、おなかいっぱいダイエット!?

タンパク質を食べまくる肉食系ダイエット。卵3個!! 肉200g。こんなに食べてヤセられるのか……そのメカニズムをチェック!

肉、卵、チーズでおなかいっぱいダイエット! ?

MEC食
高カロリー食材の代表だった肉(Meat)、卵(Egg)、チーズ(Cheese)をおなかいっぱい食べてもいいという、ヤセ活界の掟破りが登場!

MEC食って何?

MEC食って?

カロリーが高くても高タンパク、高脂質食ならヤセられる

お肉200gはこのくらい!
お肉200gはこのくらい!
「カロリー神話は忘れてください」と語るのは、これまで4000人以上のダイエットを成功させた、渡辺先生。

「ダイエットというと、カロリーを考えて、ヘルシーな穀物や野菜中心の食事をする人が多いでしょう。これでは栄養素が足りず、体はガス欠状態。病気になったり、逆に代謝が落ちて太りやすくなります。MEC食は離島に住む患者さんの健康維持のために生まれた食事法。肉、卵、チーズを中心に食べる高タンパク、高脂質のメニューです。当然カロリーは高くなりますが、自然とヤセていきます」(渡辺先生)

太る理由はカロリーじゃない。正体はやっぱり今注目の糖質!

卵3個はこのくらい!
卵3個はこのくらい!
「人間の体はとった栄養のうち、糖質を優先してエネルギーとして使っています。糖がなくなれば体脂肪がエネルギーとして使われるのですが、糖質をとりすぎていれば、いつまでたっても体脂肪がエネルギーとして使われません。
さらにとりすぎた余分な糖質は、インスリンというホルモンの働きによって体脂肪として蓄積されるので、ヤセないどころか太るばかり。
MEC食の肉、卵、チーズを中心とした食事は糖質がほぼゼロ。そのためMEC食を始めると、体脂肪がエネルギーとして使われやすくなるのでヤセるのです」(渡辺先生)

一口30回噛んで肉・卵・チーズなら食事量に制限ナシ

チーズ120gはこのくらい!
チーズ120gはこのくらい!
おなかがいっぱいになるまでは、食べる量に制限ナシ! そんな寛大なルールも、MEC食が支持される理由。

「1日肉200g、卵3個、チーズ120gが基本量ですが、それ以上食べても問題なし。いくら食べても糖質はほぼゼロですから太りません。つけ合わせには、糖質の少ない葉もの野菜を。もう一つのルールは、食事は固形ガムくらいに小さく切って、口に入れたら30回嚙むこと。食べ物の形がなくなり、溶けるくらいが目安です。嚙むことで満腹感が得られ、消化もスムーズになります」(渡辺先生)

教えてくれたのは

渡辺信幸先生
こくらクリニック院長。
沖縄県那覇市で生活習慣病外来を運営し、4000人以上の患者のダイエットを成功させた実績がある。ダイエットや食事に関する著書多数のほか、テレビ出演も。
作りおきおかずで肉食ヤセができる最新刊『まとめて作って肉食やせ!』(主婦の友社)が好評発売中。
撮影:武藤誠
イラスト:河野悦子
取材・文:金子優子、山本美和
構成:芦田夏子、与儀昇平

VoCE最新号は「dマガジン」でお楽しみ下さい!

VoCE最新号

dマガジン会員の方は「最新号を読む」から是非続きをご覧下さい。

dマガジン非会員の方はまずはお試し!
今なら初回31日間無料「無料トライアル」へ

関連記事