ローカーボダイエットって何!? 低炭水化物がカギ!

ローカーボダイエットって何!? 低炭水化物がカギ!

ローカーボダイエットというものを聞いたことがありますか?運動が苦手な方にはおススメのダイエットです。

炭水化物を控えてローカーボダイエット!

ローカーボダイエットとは、日々の食事の中で炭水化物を少なくする、または抜くダイエットのことです。
炭水化物の量を減らすことにより、糖質を制限することができます。糖分が減ると、糖分の代わりに体内の脂肪が使われていくので効率よく脂肪を燃焼できるようになる、という仕組みです。

実際には、どのようにローカーボダイエットを行えばいいのでしょう?ルールは簡単です!

1.3食きちんと食べる
2.炭水化物を摂っていいのは毎日100g以下
3.間食はダメ。20時までには食事を終える

100g以下というのは、小さく握ったおにぎり1個または食パン1切れです。簡単ですよね?
次に炭水化物といっても具体的にどのようなものがダメなのか見ていきましょう!

◎主食
米、ラーメン、パスタ、うどん、そば
◎砂糖が入っているもの
クッキー、ケーキ、チョコ、ドーナッツ
◎スナック菓子
コーンチップス、おせんべい、ポテトチップス
◎野菜
じゃがいも、長芋、かぼちゃ、とうもろこし等

ローカーボダイエットをする時の注意点

ローカーボダイエットを行うとリバウンドをしやすい、といわれています。確かに、急に炭水化物を抜き、まったく炭水化物を食べないということを続けていた体は低血糖状態となり、体は糖分を欲している状態になっています。そこに急にたくさん糖分の詰まった炭水化物を大量に摂取すると体はそれを蓄えようとします。こうして、リバウンドをしてしまうのです。

ローカーボダイエットを行う際には、緩やかに炭水化物を減らしていき、ローカーボダイエットをやめる際にもそのあと急激に炭水化物をとる、ということは控えましょう!

いかがでしたか?まもなく夏本番です!無理なく理想の体に近づいていきましょう!

関連記事