忙しくてエネルギー消費してるはずなのに痩せないのはどうして?

忙しくてエネルギー消費してるはずなのに痩せないのはどうして?

忙しいと食べる暇も寝る暇もない。こんなに動いているのにどうして痩せないの!? と思っている方必見です。

エネルギーは消費しているはずのに痩せないのはなぜ?

忙しくて食べる暇もなく、ずっと動いてばかり。さぞかし痩せただろうと思い体重計に乗ると…アレ?全然痩せていない。それどころかむしろ増えてしまっている。そんな経験はありませんか?
忙しいと、食べる暇も寝る暇もなく、ずっと動いているので痩せそうなイメージですが、実際は忙しい方が体は痩せにくくなる生活スタイルなのだそうです。

では、忙しいと太る原因は何でしょうか?

忙しいと痩せない5つの罠

1.食べる時間がない
忙しくて食事の時間が取れないと、手っ取り早く済ませることの出来る食事や、ファーストフード、飲むゼリーなどになってしまいがちです。
ファーストフードはカロリーは高いけれど体に必要な栄養素は低いのです。
また、流動食や飲むゼリーなど、あまりにも量が少ないものを摂取し続けていると、体がその量に慣れて代謝が悪くなってしまい、結果痩せにくい体になってしまいます。
また、どうしても早食いになってしまうのも原因でしょう。
そして、朝食べないで夜に高カロリーのものを摂る生活スタイルも、痩せにくくなる要因の1つです。

2.睡眠時間がない
睡眠時間が少ないと、食欲や代謝をコントロールするホルモンの分泌に異常をきたします。
結果食欲が増え、代謝が低下するという状態になってしまいます。
睡眠時間が4時間の人は8時間の人に比べて倍以上肥満になりやすいそうです。

3.運動する時間がない
やはり体型維持には適宜な運動は不可欠。しかし、時間が取れないと運動もままなりませんよね。

4.入浴はシャワーだけ
湯船に入ると血液の巡りが良くなり、新陳代謝が活発になります。時間が無いからとシャワーだけで済ませていると冷えの原因になり、老廃物が溜まりやすくなってしまいます。

5.ストレスがたまる
ストレスがたまるとついドカ食いしたりアルコールを摂ったりしてしまいがちです。本当にお腹が空いているから食べたいのかどうか、一度考えるようにすると良いでしょう。

このように、忙しいとせわしなく動いているように思いがちですが、実はカロリーは消費されていないという罠が、忙しいのに痩せない原因だったのです。
時間を有効活用してスケジュールを詰め込みすぎず、余裕をもった生活スタイルを心がけましょうね。

関連記事