知っておこう!うっかり日焼け後のアフターケア3つ

知っておこう!うっかり日焼け後のアフターケア3つ

普段UVケアに気を配っていても、うっかり日焼けしてしまう日ってありませんか?肌へのダメージを最小限に抑える、アフターケアをご紹介します。

日焼けのアフターケアはスピードが命!

日焼け後はお肌に水分補給を
夏もそろそろ本番!UVケアを行っていても「日焼け止めの塗り直しができなかった」「日やけ止めを一部塗り忘れた」等、うっかり日焼けしてしまうことってあるものです。
日焼けで肌が受けるダメージはとても大きいので、できるだけ速やかにアフターケアを行っておきたいところ。うっかり日焼けしてしまった場合はどうしたらいいのか、しっかり頭に入れておきましょう!

日焼け後ケア1:肌を冷やす&水分補給

日焼けしてしまった肌は、さしずめ火傷をしたような状態になっています。まずは、氷のうやシャワー等で冷やすのが先決です。
また、肌の水分は紫外線によって失われています。普段より多めに水を飲み、身体の内側から水分補給を行いましょう。

日焼け後ケア2:化粧水・乳液で保湿

肌を冷やしてほてりやヒリヒリが収まったら、刺激の少ない化粧水で直接肌に水分を補給していきます。日焼け後の肌は刺激に敏感になっているので、コットンでそっと水分をなじませましょう。
化粧水が十分なじんだら、乳液を薄く塗って保湿を行いましょう。

日焼け後ケア3:ビタミンC&Eを補給

肌表面のケアだけでなく、身体の中のケアも合わせて行いましょう。メラニン色素の生成を抑える効果があると言われているビタミンCと、ビタミンEを一緒に摂るのがおすすめです。

●ビタミンCを多く含む食材:レモンやオレンジ等のかんきつ類、アセロラ、トマトやにんじん等の緑黄色野菜
●ビタミンEを多く含む食材:大豆、ごま、ナッツ、アボカド等

関連記事