成長期じゃなくても大丈夫!今からでもバストアップはできる!?

成長期じゃなくても大丈夫!今からでもバストアップはできる!?

水着やTシャツを着てもペッタンコで恰好がつかない…。バストアップでそんな悩みが解決できたらいいと思いませんか?

今からでも間に合うバストアップ

これから薄着になっていくとスタイルがわかる服装を否が応でも、着用しなくてはならなくなりますよね。
ラフにTシャツにGパンなんてファッションは、より一層スタイルを際立たせてしまいます。
特に胸のあたりがさみしいとバッチリ決めたつもりがなんだか残念…なんてこともありますよね。
もうとっくに成長期は過ぎてしまったから今更バストアップを頑張ってみても大きくなんかならない…、と諦めてしまっていませんか?
胸はしょせん脂肪です。
脂肪は、減らすこともできれば、増やすこともできるはずですよね?

バストは食事や運動によって、増やすことができるものなのです。

バストアップの基本と応用

まず、胸を大きくする3つの基本をご紹介します。

1.X脚O脚を直そう
X脚やO脚だと、骨盤の関係で胸につくはずだった脂肪が、お尻や太ももなど下半身についてしまうこともあるそうです。
X脚やO脚は、骨盤矯正の体操や軽い運動で改善することが可能です。

2.キャベツを食べよう
キャベツに含まれている「ボロン」と呼ばれる栄養素が、女性ホルモンのエストロゲンの分泌を助けてくれます。
エストロゲンは女性らしい体を作るのに必要なホルモンです。
ただし、このボロンは加熱するとなくなるので、キャベツは生で食べるのが良いでしょう!

3.たんぱく質を摂ろう
筋肉同様脂肪にもたんぱく質は必要です。ダイエット中だったとしても、たんぱく質は積極的に摂って胸の栄養素にしましょう。

以上のことに気を付けた後は、「筋肉をつけて脂肪に変える方法」と、「一度太って胸以外を減量する方法」で、大きくします。
筋肉をつけて脂肪にする方法は、胸筋を付けた後筋トレを中止してその胸筋を徐々に脂肪に変えていきます。筋肉は衰えると脂肪になるのでそれを利用するのです。

もう1つは一度太って胸以外を落とす方法です。こちらは、胸を固定して揺れないようにして運動する方法です。脂肪は揺れると燃焼されるので、胸だけを固定して運動すると胸のサイズは変わらず他の部位の脂肪だけが落ちます。タレントやグラビアアイドルのみなさんの中には、この方法を実践しているという方もいるそうです。

胸も脂肪なのでうまくコントロールして女性らしいスタイルを手に入れましょう。

関連記事