年齢がばれる首元を徹底保湿!目指せ見た目年齢-5歳

年齢がばれる首元を徹底保湿!目指せ見た目年齢-5歳

年齢が一番出やすい首元。シワやくすみの原因となる乾燥を防ぐべく、徹底的に保湿しましょう。

保湿していない首元はどうなるのか

顔と違ってついついケアし忘れてしまう首元。しかし、顔のすぐ下にある首元は意外と視線が集中しやすい場所でもあります。
首元の保湿を怠ると、乾燥などによるシワやくすみも目立つようになり、ハリやツヤも失せていきます。
どんなに顔色がよく、若々しい顔でも、すぐ下の首はダルダル・カサカサでくすんでいたら老けた印象を持たれてしまう可能性もありますね。
そうならないためにも首元までしっかりとケアしましょう。

首元の保湿方法

ボディクリームなどではなく、顔と同じ化粧水や乳液を使って保湿しましょう。
首元の皮膚は顔と同じで薄いので、身体に塗るものよりも顔用のもののほうがいいと言われています。安いものでもいいのでケチケチせずにたっぷり塗りましょう。首はスジや筋肉も多いので塗り残しやムラが出ないように気をつけて下さいね。顎の下から鎖骨に向けてリンパを流すようにクリームを塗ることでむくみ防止にもなります。

保湿だけじゃない首元のケア

しっかり保湿していても、日焼け止めを塗り忘れてしまっては意味がありません。紫外線によるダメージは肌細胞を壊し、乾燥を促してしまいます。
なので、外出する際は首元やデコルテまできちんと日焼け止めクリームを塗ってください。日傘などでケアしたり、首元をスカーフなどで隠すのも手ですね。
最近では首用のパックも注目されています。ぜひ寝る前に試してみてください。
関連キーワード

関連記事